Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

やっと出たClojure本、Scala本。ScalaのウェブフレームワークLift本も2009年06月16日 07時23分57秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 ちょっと目を離している隙に
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/27/4141043
JavaVM上新Lisp Clojure, Scalaのこと、なぜかキース・ジャレットも。^^;
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/03/11/4169022
JVM上新Lisp Clojureのこと, Scalaも
などで、何度も出版予定ずるずる延びやがってと書いた、プログラミング言語
ClojureとScalaの本が、出ていました。

 やっと出たClojure本は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1934356336/showshotcorne-22/
Programming Clojure (ペーパーバック)
Stuart Halloway (著)
です。買ってみるつもり。
 Scalaは、もうすでに出ていた
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0981531601/showshotcorne-22/
Programming in Scala: A Comprehensive Step-by-step Guide (ペーパーバック)
Martin Odersky (著), Lex Spoon (著), Bill Venners (著)
が、まず、バイブルでしょう。これは買ってみるつもり。
 今回出ていたのに気づいたのは、7月出版予定だった
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1430219890/showshotcorne-22/
Beginning Scala (ペーパーバック)
David Pollak (著)
 予定より早く出たので、ご祝儀で買うかな。でも、まず、「Programming in
Scala」だけにしておくか。お金、ないもんね。
 (延びた?)予定が3月だったのに、まだ出てないのが、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/193435631X/showshotcorne-22/
Programming Scala: Tackle Multi-core Complexity on the Java Virtual
Machine
Venkat Subramaniam (著)
 もう、だめぽ。:-)

 この前、面白いことに気づいたのが、Scalaベースのウェブフレームワーク
であるLiftの本のこと。そのとき、Liftという名前、初めて知りました。
 何が面白いかといえば、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1430224215/showshotcorne-22/
The Definitive Guide to Lift: A Scala-Based Web Framework (ペーパーバック)
Derek Chen-Becker (著), Tyler Weir (著), Marius Danciu (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1430224959/showshotcorne-22/
The Definitive Guide to Lift: Scala-based Web Framework (ペーパーバック)
Derek Chen-becker (著), Tyler Weir (著), Marius Danciu (著)
を見てください。
 実はこの2つは同じ本。同じ本に別のASINコード(アマゾンが商品を識別す
るためのコード)を割り当ててあるのよ。
 Exploring LiftとThe Definitive Guide to Liftという書名が違う別の本だ
ったはずが、実は同じだったというオチ。
 Google Groupsには、ちゃんとこの本のグループがある。本家Amazonでも同
様だったので、混乱している人がいて、ここで質問していた。
http://groups.google.com/group/the-lift-book/browse_thread/thread/70fc38d4e6ba941
Exploring Lift vs. The Definitive Guide to Lift?
で、著者の一人、TylerWeir氏が事情を説明していますね。
 最初は、Exploring Liftという書名にすることになっていたが、出版社の都
合で、The Definitive Guideというシリーズ物の1冊になることになって、書
名が変わったと。
 すでに、最初の書名「Exploring Lift」でアナウンスしたので、アマゾンに
データが残っているんだろうと。
 この議論が、2009/05/11。
 アメリカのamazonは、すでに最初の「Exploring Lift」は、データベースか
ら消してあるけど、日本のアマゾンは、まだそのままだね。
 間違ってるほうでも予約受付中は、まずいよね。
 とメモを書いていたのが、5月の終わりか6月初めくらいかな。
 いま、本家Amazonの
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/1430224215/

http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/1430224959/
をみたら、データベースから消されたはずの1430224959のほうも復活していて、
予約受付中になってる。まずいよね。
 出版元のAPressでみると、
http://www.apress.com/book/view/1430224215
The Definitive Guide to Lift: A Scala-based Web Framework
はちゃんとあって、1430224215で出てくるけど、1430224959では出てこないの
で、1430224215のほうが正しいはず。
 さらに面白いのが、書名は、「The Definitive Guide to Lift」なのに、ア
マゾンは、アメリカも日本も、本の表紙イメージには、Exploring Liftという
最初の書名のイメージを掲載しているのね。APressにある表紙イメージが当然
正しいものです。
 なんか、混乱していて面白そうなので、買ってみるかも。
 お前、まんまと敵の術中に(爆)

 ScalaのWebフレームワークLiftに興味がある人は、買ってみてもいいかも。
 調べたら、公式サイトは、
http://liftweb.net/
Lift公式サイト
ですね。日本語で説明を書いている人もいます。
http://d.hatena.ne.jp/yuroyoro/20080808/1218168451
scalaのWebフレームワーク liftで遊ぶ 目次
をどうぞ。

 あと、やっぱり気になっているのが、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/13/4115774
プログラミング言語本
で書いた
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0596514980/showshotcorne-22/
Real World Haskell (ペーパーバック)
B O′Sullivan (著)
も気になりますね。
 お前、本を集めてもプログラム書かないだろ。
 うん、これらの言語で書いてる暇ない。Lispですら書いている暇ない。仕事
はほとんどJavaで、あとCとC++だもんね。でも、買うの。プログラミング言語
本が売れなくなって出版されなくなると困るから。
 これらの本、翻訳をすぐ出してくれたら、原書じゃなくて日本語版を買うの
にね。そしたら、日本の出版社ももっとこの翻訳を出す気になってくれるから。
それとも待ってると出るの? だったら待つけど。
 とにかく。太郎ちゃん、もっと給付金くれ!\(^O^)/
 ってか、1ドル10円の円高になれ!\(^O^)/
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索