Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

日経サイエンス2009年3月号2009年02月10日 05時43分32秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 すっかり紹介が遅れたけど、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001P5M9YO/showshotcorne-22/
日経サイエンス 2009年 03月号
は、個人的にはいつも以上に読みどころ満載。
 目次などは、
http://www.nikkei-science.com/item.php?did=55903
をどうぞ。
 まず、驚いたのは、
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0903/200903_024.html
土星の月エンケラドス 噴泉の謎
C. ポルコ(米カッシーニ画像中央研究所)
 土星の衛星の1つエンケラドスに、水があるんじゃないかと。生命が存在す
るかもしれないと。

 まずいな。
 まずい、まずい。おれたちの生命を作る実験室なのに、ばれちゃったよ。
 地球人って、おれらよりはるかに劣る文明なのに、この飽くなき探求心、し
つこさがすごいよな。

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0903/200903_036.html
PNA 三重らせんを作る生命分子
P. E. ニールセン(コペンハーゲン大学)
 PNAなんてのがあるのね。しかも、可能性がすごいじゃないですか。

 これもまずいな。
 ほんと、まずい、まずい。おれたちがエンケラドスでやってる実験は、まさ
に、PNAでの生命構築なのに。
 なんとかエンケラドスとPNAが結びつかないように、工作が必要だな。

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0903/200903_046.html
なぜマジックにだまされるか
S.マルチネス=コンデ/S. L.マクニック(バロー神経学研究所)
 おれ、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/03/07/2706159
上口龍生、アキバのマジックメイド喫茶\(^O^)/
で書いたように、自分じゃできないけど、マジック好きなんです。あと、詐欺
とか、人間の心理的盲点を衝く技術は、子供の頃からずっと興味がある。なに
しろ、スパイに必須の技術だから。\(^O^)/
 で、この記事は、脳科学的にマジックを調べてる。でね、認知科学者とか神
経科学者とか脳科学者とか、脳科学をやってる研究者はマジックの技術を身に
付けようなんて言ってるのね。いいなあ、それ。
 学会で発表したと思ったら、当人が壇上から消えちゃうとか、脳科学の学会
なのか、マジックショーなのかわからなくなったりしてね。

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0903/200903_056.html
フィッシング詐欺から身を守る
L. F. クレーナー(カーネギーメロン大学)
 フィッシング詐欺の被害は、日本は月に数10件の報告らしいですが、これ
は多くの日本人が英語ができないため。アメリカは2007年のフィッシング被害
者は360万人,被害額は32億ドル以上と推定されているそうです。
 フィッシング詐欺は、どういうものかというのと、その対策技術の解説です。

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0903/200903_076.html
顕微鏡がとらえた命の美
SCIENTIFIC AMERICAN編集部
は、ほんと美しい。きれいやわあ。
 あたしの女装姿やヌードも、これくらいきれいに撮ってほしいわ。\(^O^)/

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0903/200903_092.html
ノーベル賞記念連載
小林・益川理論とBファクトリー 第3回(最終回)
巨大加速器実験,日米の闘い
中島林彦(編集部)/協力:協力:高エネルギー加速器研究機構
を読むと、小林・益川理論の検証が壮絶な戦いだったことがわかります。
 三田一郎先生は、すごい突破力ですね。理論的な面でもすごいけど、何より
Bファクトリの実現に向けた執念がすさまじい。それに当時としては、Bファク
トリは大胆かつ先進的なアイデアを盛り込んだものにしたので、大変だったん
ですね。
 ほかにも、名前が出ている菅原寛孝KEK所長、髙﨑(たかさき)史彦、生出勝宣、
山内正則の各氏、そして名前が出てない人たちやメーカの人たちもど根性ですね。
みんなど根性ガエルのピョン吉ですよ。これがなかったら日本が小林・益川理論
の検証をするなんてできなかったのね。
 トリスタンでトップクォークを発見できなかったリベンジに燃えまくってい
たそうです。
 あ、トリスタンといえば、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/09/04/3741480
ピンボールのリトルウイングの藤田さんと飲んだ\(^O^)/
で紹介したリトルウイングのピンボール第1作がトリスタンなんです。
 これ、おかしいエピソードがあって、夫の藤田さんは、理系だから、当然の
ように、トリスタンといえば筑波に建設された当時最高峰の巨大加速器のこと。
ところが、妻のほうは、芸術系だから、トリスタンといえば、当然のように
「トリスタンとイゾルデ」なんです。双方、いいネーミングだと思ったけれど、
実は考えてることが違うので、お互い、話がかみ合わなかったそうです。
 で、Bファクトリに話を戻すと、最後は、研究者100人くらいが総出で、加速
リングにコイルを半ば手作業で巻いたのね。それも1万個も。
 ギリギリの勝負の最後の決め手は、結局、人間の血と汗の涙なのね。
 それにしても、この連載、名古屋大学坂田昌一研究室の伝統を十二分に感じ
させる連載でした。
 2009年1月号の連載第1回
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0901/200901_026.html
ノーベル賞記念連載 小林・益川理論とBファクトリー(第1回)
6元モデルへの道
中島林彦(編集部)/協力:小林 誠
には、坂田昌一研究室の坂田哲学の象徴的エピソードが、ノーベル賞受賞者の
小林誠先生によって紹介されています。なぜ、坂田研究室は「E研」と呼ばれ
たかという話で、引用するには長いので、1月号を読んでください。
 あ、でも、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001KVJZLI/showshotcorne-22/
日経サイエンス 2009年 01月号
をみると、売り切れですね。
 日経サイエンスのサイトには在庫があるみたいだし、この記事だけのダウン
ロード販売もあるけど、700円するからね。1月号は
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/11/29/3981688
に書いたように、すばるのカレンダーも付いているから、買うなら1500円出し
て、1月号を買ったほうがいいと思います。

 そして真打ち登場。\(^O^)/
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0903/200903_082.html
ノーベル賞受賞記念
対称性の自発的破れとひも理論
南部陽一郎(シカゴ大学)
です。
 戦前、戦後の苦労話やらいろいろあります。
 最後に、南部先生が仕事を始めた1950年代から1960年代は素粒子物理学の黄
金時代あるいはルネサンスの時代だった。現在は、宇宙物理、天体物理のルネ
サンス時代が始まっているという話があります。南部先生は、それに期待をか
けているし、楽しい時代だと思っていると。
 ほんとそう。特にこの20年くらいの天文学の激変ぶりはすごいですよね。

 ますます、まずいだろ、これ。
 まずい、まずい。
 大体さ、正三郎ですら、この何年も宇宙論や現代天文学の本をわかりもしな
い癖に買い漁ってるんだぜ。
 うひー。上の検索窓で「天文学」で検索したら、あのバカ、57件も書いてや
がる。
 あんまり地球人が宇宙に目を向けると、おれたちの秘密がばれちゃうぜ。な
んとか妨害工作をしないとな。

 南部先生のブルーバックスについては、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/04/18/1415578
日経サイエンス、湯川秀樹生誕100周年記念号と南部陽一郎先生
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/08/3806202
ノーベル物理学賞
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/10/29/3854376
ノーベル賞受賞記念金帯ブルーバックス
などをみてください。

 「茂木健一郎と愉しむ科学のクオリア」は、守屋繁春(理化学研究所)さん
との対談でしたが、初めて知ったけど、シロアリって食えるのね。きわめて栄
養価が高くて、木に棲む種類は美味らしい。
 でね、守屋さんがなぜシロアリを求めて世界中を飛び回っているかといえば、
シロアリって木を分解するでしょ。そこに目を付けてるの。
 シロアリの体内にいる原生生物は、セルロースを分解するセルラーザを体内
にもっていて、それが80種類あるセルラーザの中でも非常に優秀なものなんだ
そうです。これを使えば、セルロースからバイオ燃料を作る過程を非常に効率
化できるんじゃないかと。
 その他、変な生物を探して、エネルギー問題や環境問題の解決にもつながる
ようなことをやってますね。
 変な生物といえば、クマムシのことを書こうと思って、もう半年以上経って
るなあ。

 塩谷喜雄「いまどき科学世評」は、「点と線と面」と題して、日本の環境技
術は、点では優れていても、線や面への展開ができてないので、日本は環境技
術が優れているという神話は嘘だと。
 この神話が、日本はもうすでに十分環境対策をやってるからCO2削減は少な
くともいいといった産業界の言い訳に使われているのはおかしいという話。
 セルロースを分解するセルラーザの話も出てきますが、いま、高性能のセル
ラーザを握っているのはアメリカ企業なんだって。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/04/01/1360323
地球温暖化。不都合な真実、バイオ燃料、海洋酸性化、植物からメタン
で紹介したホンダと地球環境産業技術研究機構(RITE)のセルロースエタノール
も、前段でアメリカ企業のセルラーザを使っているそうです。
 つまり、首根っこを押さえられてるわけです。
 そうか。やっぱ、守屋さんにがんばってもらって、シロアリで行くしかない
か。\(^O^)/

コメント

_ こがらし ― 2009年02月11日 21時58分53秒

南部陽一郎博士といえば、ネット上で公開されている下の回想録がおもしろいと感じました。
小柴さんもそうですが、南部さんも、渡米のさいは朝永振一郎博士の推薦だったんですね。

「素粒子物理の青春時代を回顧する」 南部陽一郎
http://ci.nii.ac.jp/cinii/servlet/CiNiiLog_Navi?name=nels&type=pdf&lang=jp&id=ART0002195751

陽一郎博士で思い出しましたが、先日のセクスィー部長の名前は、恋二郎ではなく (色香) 恋次郎でした。 (^^;
http://www.youtube.com/watch?v=Q1Hlm_5NrJI

_ こがらし ― 2009年02月14日 17時39分53秒

> 日経サイエンス 2009年 03月号
> は、個人的にはいつも以上に読みどころ満載。

同じ雑誌を読んでいる人をココにも発見!
http://blog.excite.co.jp/shokotan/2869746/

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2009年02月12日 09時15分58秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 最近、ほんと、脳科学や認知科学方面の本が売れてます。それ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2009年02月17日 22時31分55秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/02/10/4110922
日経サイエンス2009年3月号

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2010年03月12日 04時40分49秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 技術評論社が創業40周年記念出版で、「ノーベル賞の科学」シ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2010年04月10日 23時31分22秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2009/09/15/4580202
PHPサイエンス・ワールド新書

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年03月22日 10時57分51秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 お買い上げありがとうございます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2013年09月13日 10時37分55秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 リトルウイングのノジマ F. レイコさんから、献本していただきまし