Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

自分をグーグル化した情報サイボーグの末路2008年04月30日 06時10分02秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 コメントの流れは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/04/11/3058782
宮本衛市(著)「はじめてのコンパイラ - 原理と実践」
の続き。
 でも、別テーマ。

===
Re: 宮本衛市(著)「はじめてのコンパイラ - 原理と実践」
--
脳内アセンブラで6809と戯れていた頃が一番楽しかった
かも。将棋や囲碁と一緒で、ルールは知ってるけど、
ゲームの組み立てがわからないの。詰め将棋とか、囲碁
の寄せなんかはわかるんだけど、そこまでに至らない。

書きたいものがないんだよね。

もうね、正規表現とかでさえググっちゃうレベルだから、
スラスラ書けるような状態じゃねえんだろうなあ。

--
つばめどん

>将棋や囲碁と一緒で、ルールは知ってるけど、
>ゲームの組み立てがわからないの。詰め将棋とか、囲碁
>の寄せなんかはわかるんだけど、そこまでに至らない。

 いわゆる大局観ですね。
 しかし、詰将棋や囲碁の寄せがわかるだけでもすごいじゃん。おれ、わかん
ないもん。
 わかんないなりに、考えている時間は楽しいけどね。

 大局観、構想力、創造性は、コンピュータが一番苦手なもの。その辺にしか、
人間の知は残ってないもんね。
 勝間和代的なデータ処理的速読の世界だと、大局観は身につかない。だから
いくらやっても、知的生産ではないし、コンピュータに置き換えられていく。
おれらも置き換えるためにやってるから。\(^O^)/
 そろばんができて暗算がいくら速くても、数学的能力とは別なのと一緒。暗
算が速いのは、そういう意味では知的能力ではない。電卓で簡単に置き換え可
能だから。\(^O^)/
 そういう意味で、勝間和代的情報サイボーグの末路は、人間としては哀れだ
なあと思うけどね。
 勝間和代の自分をグーグル化する方法の本を、本屋で立ち読みしたら(3分
で読了。その程度の内容)、冒頭に、情報ツールで武装した勝間和代の写真が
あって、もう、お笑いかと思いました。\(^O^)/
 と同時に、そういう生き方を選択せざるを得ないほど、解体されたんだなあ
と。現代日本が生んだ1つの「奇形」でしょうね。ネガティブな意味じゃない
よ。ポジティブでもない。そういう意味での「奇形」。

 知的生産と謳う割に、彼女には、哲学・思想・文学的・文化的な匂いがほと
んどない。そこは人間に残された数少ない知の部分なのに。週刊ダイヤモンド
の特集で、彼女が選んだ良書50冊のリストをみてもそれを感じた。ハウツー本
やビジネス本が多い。いくらビジネスマン向けのセレクションとはいえ、こん
な本しか読んできてないのか。1ヵ月100冊以上読むというけど、やっぱ、無駄
だね。よくこれで良書といって人様に披露するなあ。その厚かましさ、羞恥心
のなさが売れる理由だね。これは野口悠紀雄にも20数年前に感じたこと。
 哲学・思想・文化的な匂いがあるのは、ドラッカーくらいかな。自己啓発本
なんてダイエット本と50歩100歩。マインドマップをはじめとする技法も
ダイエット法と一緒。人によって合う合わないがあるし、ほとんどはだめ。
 それに、勝間は、自分のやり方を披露するだけで、一般化という知的作業を
してないし、あれでうまく行かない人もいっぱいいるよね。正規分布なら2シ
グマの上くらい。つまり、数パーセントでしょうね。
 結局、彼女の世界観は利己だけだもんね。利他がないもんね。週刊ダイヤモ
ンドの特集もダイヤモンド社の売り方も、年収アップを強調して、露骨にやっ
てるしね。
 彼女のような人は、人間や人生の別の価値に、この先、気づかずに死ねれば
幸せだろうけれど、下手に気づくと大変だろうね。人間は煩悩の塊だから。経
済的、社会的に成功しても、今度は別のものを求めるからね。真面目そうだか
ら、それがかえって地獄を味わうことになる。
 あ、思い出した。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/03/23/2813919
将棋の最新戦法
で書いた、米長将棋連盟会長の週刊囲碁パラダイスへの出演。あのとき、米長
さんは囲碁の加藤正夫九段は、真面目すぎて、死んじゃったといってたね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/加藤正夫
にも、殉職と書いてあるね。

 勘違いするバカがいそうだからいっておくが、この前も書いたけど、勝間和
代的に成り上がるのも、金儲けも悪いことじゃないし、むしろがんばってくれ
と思う。しかし、それを知的生産などというのは詐欺。勝間の世界は、せいぜ
い知的生産ごっこ。要は、ごっこのレベル。
 現代的な文脈での効率化は可能でも、やはり知的生産に王道なし。
 カニかまはカニかまとしてのよさと価値がある。ただ、それを本物のカニ身
だといって売ったら、偽装、詐称、詐欺だろうというのが基本論点。勝間も週
刊ダイヤモンドもダイヤモンド社も不見識というのは、そういうこと。
 それと、知的生産のほうが価値が上とか下とか、そういう価値評価をやって
いるのではない。知的生産じゃなくても社会に必要な仕事や作業はいっぱいあ
るし、実際、それがないと社会は回らないし、その価値は知的生産に劣らない。

 あ、さらについてにいっておくが、勝間が1ヵ月100冊以上本を読み、お笑い
コント集団(笑)「アルファブロガー」の弾さん(小飼弾)が、1ヵ月500冊以上本
を読むそうだが、彼らの知的生産はゼロ。つまり、知的生産効率もゼロ。もち
ろん、おれも、知的生産ゼロ。
 何一つ、知的なものを生んでないんです。
 芸術家(画家、作家、音楽家、書家その他いろいろ)のように美を生みました
か。科学者のように自然の謎に迫りましたか。一流スポーツ選手のように肉体
の躍動の美、感動を生みましたか。創造的、創発的なことは、何一つないわけ。
 よって、1ヵ月に何百冊も本を読んでも無駄。データとして記録するだけな
ら、ハードディスクのほうがよっぽどいい。\(^O^)/
 特に、勝間和代の職業である公認会計士のような職業は、創造性は不要。会
計で、「創造的会計」といえば、粉飾決算のことだもんね。\(^O^)/
 彼女は経済評論家でもあるそうだが、日本の経済学は、おれの実感として学
者も学生もレベルが低い。まして経済評論家、それも闇社会に手を突っ込まな
い経済評論家なんてね。
 要は、既存のシステム、制度を超えようとしないもの(会計はもろにそう)、
メタじゃないものは、現代では知的には成り得ないと思うわけ。コンピュータ
は今までのところ、意識をもたないし、メタなことができないから、人間の価
値、知的というものがあるのは、その辺かなと。

 さて、勝間和代本を読んで、情報サイボーグになって年収が20倍になったら、
やっぱり、堀晃さんの情報サイボーグシリーズを読まないとね。\(^O^)/

http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/03/1480602
堀晃「バビロニア・ウェーブ」「地球環」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/06/1487020
Re: 堀晃「バビロニア・ウェーブ」「地球環」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/13/1504472
Re: 堀晃「バビロニア・ウェーブ」「地球環」
をみてください。
 それと、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/06/05/1556512
「ウェブ社会をどう生きるか」「iPhone 衝撃のビジネスモデル」「低度情報
化社会」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/06/06/1559095
Re:「ウェブ社会をどう生きるか」「iPhone 衝撃のビジネスモデル」「低度情
報化社会」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/06/10/1568912
Re: 「ウェブ社会をどう生きるか」「iPhone 衝撃のビジネスモデル」「低度
情報化社会」
に出てくる西垣さんの本。特に、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4002602931/showshotcorne-22/
デジタル・ナルシス
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791753062/showshotcorne-22/
ペシミスティック・サイボーグ
は、勝間和代的情報サイボーグになりたい人たちは必読でしょう。

 あ、西垣さん、新作が出ている。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4805108959/showshotcorne-22/
サイバーペット/ウェブ生命情報論 (単行本)
西垣 通 (著)
 出版社からのコメントにある
「西垣さんは本作で、希薄化する人間の関係性に伴い、危機的状況にあるコミ
ュニケーション不全というネット社会の宿痾に、真正面から切り込みます。」
の部分。これは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/03/26/2844234
ポストモダン的物語消費、初音ミクのムーブメント
から、ちょくちょくコメントしている「動物化するポストモダン」「昆虫化す
るポストモダン」「粉体化するポストモダン」などといってることと同じ問題
意識ですね。
「ポストモダン的物語消費、初音ミクのムーブメント」についたコメント、魚
拓として取ってあって、あとでコメントしようと思ってそのままだな。^^;
 公開してないコメントもあって、それがもろに、生命ですらない粉体の現象。\(^O^)/
 自分が何を書いているかすらわかってないんだもんね。それでも、ああいう
「空談」を書かないと、精神の均衡が保てない。彼らは、そこまで解体されて
いるわけです。
 かわいそうだけど、おれは別に宗教家でも慈善事業家でも政治家でもないし、
彼らを救ってやる義理も暇もない。人間なら、自分で、気づくしかないね。そ
れができないなら、現代日本社会の制度、システムは、彼らを動物、昆虫、粉
体として扱い続けるでしょうね。
 大騒ぎになってる後期高齢者医療制度なんて、はっきりそれですもん。

メタボリック・フォー、ファンタスティック・フォー、MITAKA2008年04月30日 06時19分55秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 ウェブにもブログにも出してない、出すつもりもない、「たまさん合宿」の
流れから、ピックアップして改変して改題。

 おれとAさんとBさんとCさん。
 4人揃ったら、SF映画ファンタスティック・フォーならぬ、メタボリック・
フォーだったのに。\(^O^)/

http://movies.foxjapan.com/f4/
ファンタスティック・フォー

 メタボリック・フォーは、ググっても出てこないね。
 つばめどん、とっとと商標登録してくれ。\(^O^)/
 そして、映画を作ろう!
 ファンタスティック・フォーが「銀河の危機」なら、こっちは、メタボリッ
ク・フォー「腹回りの危機」だ。\(^O^)/

 「ファンタスティック・フォー」の「銀河の危機」、DVDを観ました。
 以下、ネタばれ注意。

 シルバー・サーファーって、いい奴じゃん。
 結局、地球の危機を救ったのは、シルバー・サーファーじゃん。ファンタス
ティック・フォー、ほとんど役に立ってないじゃん。\(^O^)/
 おれ、あのサーフボード、ほしい。\(^O^)/
 どういうテクノロジーなんだろうな。情報省にもほしい。
 ギャラクタスという星を食い尽くすボスキャラ。なんか、よーわからんね。
 ラストは、ハッピーエンドで、みんなうれしそうにしているんだけど、おれ、
すげー、心配になったのは、土星。
 ギャラクタスがやってくるとき、土星を通過して、土星の環がなくなっちゃ
ったんですけど。^^;
 あれ、元に戻ったの?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000ZINY1E/showshotcorne-22/
ファンタスティック・フォー:銀河の危機

 この前、府中のプラネタリウムに行って、いまの季節の星の説明を聞いたら、
土星は観やすい位置にいるそうです。しし座といったかな。
 それと、土星の環って周期的に見やすくなったり、真横になってほとんど見
えなくなったりするという説明があって、でも、まだ、輪が見える位置だとい
ってたよ。
 いま、土星を観て環がなくなっていたら、それは、ギャラクタスのせいです。\(^O^)/

http://www.astroarts.co.jp/special/2008saturn/index-j.shtml
に今年の土星の説明がありますね。
 そうか、約15年周期なのか。もうすぐ土星の環、見えなくなるんだ。
 ま、見えなくなっても、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/16/1266296
国立天文台のすごいソフト Mitaka
で紹介した
http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/
Mitaka
で土星まで飛んでいけば、いいよね。\(^O^)/
 あ、オープンソース化されたMitakaから派生した
http://orihalcon.jp/mitakaplus/
Mitaka plus
というのもあるのね。

http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/06/05/mitaka_plus.html
純国産の天体シミュレーター「Mitaka」の機能拡張版「Mitaka Plus」v1.0が
公開

MMR復活2008年04月30日 07時34分18秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 少年マガジンで、MMRが復活してますね。\(^O^)/
 昔、電脳騒乱節のとき? MMRのパロディみたいにして、「ざべたん」を登
場させましたから、懐かしいです。
 たしか、やたらと !! が多いセリフも真似ましたね。
 もうメンバーは、キバヤシとかじゃないです。\(^O^)/
 がんばれー、MMR。君たちの双肩にトンデモ科学の普及がかかっているぞ。\(^O^)/

http://ja.wikipedia.org/wiki/MMR_(漫画)
は、すごい調べてあるのね。

ミナミの帝王、新聞業界の闇その22008年04月30日 07時34分54秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/04/14/3091921
ミナミの帝王、新聞業界の闇
の続き。

 漫画ゴラク2008/05/09号の「ミナミの帝王」。
 幻想新聞といってましたが、押し紙という言葉もついに出ましたね。
 新聞社が販売店に無理やり買わせている押し紙。おかげで販売店は四苦八苦、
押し紙は梱包も解かれず配達されずそのまま古紙に回されるなどという実態など
が出てますね。
 主なセリフ。
「つまり、新聞社は販売店を生かさず殺さずの状態でコントロールしてるんや
ああああッ!!」
「すべては」「部数を増やすためやあああッ!!」
「広告料の増収やッ!! 部数が増えれば増えるほど企業から支払われる広告料
も増えるんやあああーーーッ」
「しかし待ってくださいよ… 押し紙によって偽装した発行部数を元にその部
数に見合った広告料を取っているということは…」
「これはサギやないですかああああーーーーッ!!」
「そうや……ッ 日本の新聞社は不正を糾弾する新聞でサギをはたらき自然保
護を訴える新聞で資源のムダ遣いをしとるんやああああーーーーーッ!!」

 はい、そうなんです。
 新聞はもちろん報道しません。都合が悪いから。
 テレビももちろん報道しません。新聞社は親会社だから。
 よく、できてますね。\(^O^)/
 もっと詳しいことは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898001599/showshotcorne-22/
サワダオサム, 黒藪哲哉著「新聞社の欺瞞商法―「押し紙」「折込広告」の実
態を追う」
をどうぞ。

===
標題: Re: ミナミの帝王、新聞業界の闇その2
---
本当の部数を表に出してしまうと、いろいろと支障が
あるんだろうねえ。
自治体とか国の広報を折り込むと公称部数かける単価
で計算されるし、配達部数だと「きみんとこ、ミニコ
ミ紙だったっけ?」と言われかねない全国紙もあるや
に聞いているし。

--
つばめどん
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索