Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

宗像誠之著「NTTの自縛 知られざるNGN構想の裏側」2008年02月11日 01時22分09秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/01/22/2572809
九州リサーチセンターワークショップ
で、NGNっていまどうなってるんだと書いたら、直後に、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822210790/showshotcorne-22/
宗像誠之著, 日経コミュニケーション監修「NTTの自縛 知られざるNGN構想の
裏側」
が日経BPから送られて来た。情報省の手配だね。もう数週間前だけど。^^;

 これ読むと、もう、NGNは終わってますね。\(^O^)/
 この前、NGN関係やってた大学の連中と飲んだけど、部署変わっちゃって、
詳しいことはわからなかった。だが、なんか、「もう、だめぽ」の感じがした。
 本書は、まず、NTTで起こったIP電話の大障碍から話が始まる。NTTの説明で
は、シスコのルータのファームが腐っていたということになっているが、本書
では、そんなのは表面の表面の表面の表面の表面にしか過ぎないと斬って捨て
ています。このままでは、もっと大変なことが起きるだろうと。
 真の原因は、いまのNTTが腐っていることにある。特に経営層が。
 政治・経済評論家の佐高信が、組織が頭から腐ることを、「鯛は頭から腐る」
といって本まで出していますが、これと同じことがやはり巨大組織NTTに起き
ている。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/433497175X/showshotcorne-22/
佐高信著「鯛は頭から腐る―日本の社会に蔓延する無恥、無能、無責任」
 この文庫版が
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334781934/showshotcorne-22/
佐高信著「佐高信の政経外科 鯛は頭から腐る」
だと思います。中身を確認してないから、違っていたらすみません。

 NGNを派手にぶち上げたけれど、結局は、フレッツ+α程度に尻すぼみして
いる。NGNで公衆網も全部IPにするというが、現場では、これではやってられ
ないというムードが蔓延。
 NTTはまるでいまのMS(マイクロソフト)、このままではNGNは、遅いわ、非互
換などトラブルが多くて不評なWindows VISTAですね。
 なぜ、Windows XPじゃだめなの? VISTAならではのメリットって何?
 それと同じ問いができるわけ。
 なぜ、フレッツじゃだめなの? NGNならではのメリットって何?
 MSは、明解な回答ができてない。NTTも、明解な回答ができないだろう。
 とまあ、こういうことです。

 経営陣という意味では、Yahoo!に巨額買収を仕掛けるだけまだMSのほうが生
きている感じがしますが、MSがYahoo!を買収してもうまく行きそうには思えな
いよねえ。
 でも、Googleの独占はどこかで止めないと社会生活・市民生活が一社にコン
トロールされるので非常に危険ですけどね。

 なぜ、NTTがそんなに腐っていて、その圧倒的潜在力を宝の持ち腐れにして
いるかといえば、要はあまりに成功して胡坐をかいて大儲けできた電話的価値
観に縛られたままであり、力の多くを社内の権力闘争に使っているということ
ですね。新時代を切り拓く新しい視点、ユーザの視点がない。古ぼけた視点、
内向きの視点ばっかり。
 これじゃ、KDDIやソフトバンクやウィルコムにやられるだろうと。
 っていうか、Skype(スカイプ)やFON(フォン)やYouFon(ユーフォン)や
Asterisk(アスタリスク)にやられるでしょう。
 法政大学で、無料電話がいろいろある話をしたら、学生、けっこう知らなく
て驚いていたよ。
 君ら、NTTドコモとかソフトバンクとかauとか、大会社じゃないと電話や携
帯電話ができないと思ってるかもしれないが、もう、そんな時代じゃなくて、
ネットさえあれば、仲間内なら、自分らで無料の電話をやれるような時代だよ
と。
 電話会社は大スポンサーだから、新聞もテレビも雑誌も、大スポンサーのビ
ジネスを根底からぶち壊しにするような話は、ほとんど報じないから、君らは
知らないかもしれないが、世の中、どんどん変わっているんだよというと、ま
た、驚いていた。
 日本の携帯電話はNTTの仕様が所詮日本国内でしか通用しなかったから、ガ
ラパゴスのイグアナなどの生物みたいな孤立した進化状態に陥って、世界じゃ、
通用しない状態になってるんだという話をしたときも、えーっ、なんて驚いて
いた。
 そんなだから、自分たちだけの電話網を作れば、自分たちで好きな電話番号
を割り振ったりもできるよなんて話は、もう、地球人が、我々、おとめ座銀河
団の人間から、重力や時空の操り方、ワープ航法の仕組みを聞いたときみたい
な反応でした。\(^O^)/

http://www.skype.com/intl/ja/
Skype
http://www.fon.com/jp
FON
http://ja.wikipedia.org/wiki/FON
FON
http://www.youfon.com/
YouFon
http://voip-info.jp/wiki2/index.php/Asterisk
Asterisk日本語サイト
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/09/1244288
無料IP電話YouFon、オープンソースPBX Asterisk

 ああ、亡くなった五十嵐(いからし)さんと最後に電話で話したとき、
Asteriskとか、この辺の話をしたんだよねえ。思い出しちゃった。

 本書で、面白かったのは、NTT内部の権力構造の分析。技術系と事務系でそ
れぞれ権力を握っているグループがあって、特に技術系の話が面白い。
 施設屋あるいは設備屋と呼ばれる系統が、伝統的に経営トップやらを排出す
る、政治でいえばかつての田中派みたいな存在。すごいよ。NTTグループの施
設・設備の予算を握っているから、年間1兆円の金を動かし、技術系の人事も
握っている。大体、金と人事を握れば支配としては完璧ですよね。
 道理で、おれが知っている研究所系の人は、全然、権力がないわけだ。今後
は、銀座のクラブでおごってもらうために、施設屋・設備屋に取り入ろうっと。\(^O^)/

 それから、政治家とのからみ。郵政族というかNTT族の暗躍で2010年に先延
ばしになったNTTの抜本的見直し論議も、裏はいろいろありますねえ。
 おかしかったのは、最近のNTTの自民党とのパイプは、自民党元参議院幹事
長の片山虎之助だったけど、先の参院選で、「姫の虎退治」で話題になった民
主新人の姫井由美子の勝利で、片山虎之助が落選したから、大慌てだったこと。
いま、民主党とのパイプ作りも一生懸命。そんなことやってるのは、経営層が
自分たちの保身ばかり考えているからということですね。
 ま、姫井議員も、愛人からSMのドMだと暴露されて、話題になりましたね。
でも、メディアでのバッシングもMだったらうれしいのかもね。うれしい悲鳴
議員なんちゃって(オヤジギャグ)。

 真面目な話。本書は、NTTになんとか立ち直ってほしいという著者の思い、
NTTのOBや現場の若い人間たちの思いが詰まっている。経営陣がこういう諫言
を自己改革に活かす度量があるか。いまのままじゃ、難しいでしょうね。
 MSみたいに、Googleやその他にどんどんいい人材が抜けていく前に、たとえ
ば、外資やソフトバンクやKDDIやウィルコムなどに抜けていく前に、なんとか
求心力のあることをやらないとね。
 本書を読むと、NTTグループの全部の現経営陣は総退陣して、全部30代にす
るとかね。それくらいのことが必要になってる段階に思えますね。

 関連本として、日経コミュニケーションは、通信業界バトルものをいくつも
出しています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822210774/showshotcorne-22/
日経コミュニケーション編集著「2010年NTT解体―知られざる通信戦争の真実
(知られざる通信戦争の真実)」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822210715/showshotcorne-22/
日経コミュニケーション編集著「光回線を巡るNTT、KDDI、ソフトバンクの野
望―知られざる通信戦争の真実 (知られざる通信戦争の真実)」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822210723/showshotcorne-22/
日経コミュニケーション編集著「風雲児たちが巻き起こす携帯電話崩壊の序曲
―知られざる通信戦争の真実 (知られざる通信戦争の真実)」

 それにしても、日経コミュニケーションは、「知られざるXX」が好きなん
ですね。
 でも、さすがの日経コミュニケーションでも、「知られざる情報省の真実」
は書けないね。
 書けば、情報省に消されちゃうからね。\(^O^)/
 そう、消しゴムでね。\(^O^)/

岡田晴恵著「H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ!」2008年02月11日 01時22分57秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/01/12/2556835
NHKの新型インフルエンザ特集
で、新型インフルエンザの危険を喚起しましたが、日本だけでも200万人死ん
でもおかしくないすごく危険なウイルスなんです。しかも、中国で鳥インフル
エンザが人から人からへ感染したことが確認されたので、このウイルスが猛威
を振るうのは時間の問題。
 そこで、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4827550131/showshotcorne-22/
岡田晴恵著「H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ! (角
川SSC新書 12)」
をどうぞ。おれも買ってきたばかり。
 飛行機は時間が合わない感じだったし、羽田へは京急線が事故で止まってま
すね。倉敷へは、新幹線で行くことにしたので、新幹線で読もうと。
 読んだからといって、感染爆発が防げたり、自分への感染や自分の死が防げ
るわけでもないかもしれないけれど、それでも少しは知っていたほうが、生き
延びれる可能性はあるんじゃないかと。
 ああ、でも、あとがき。2007年秋現在、プレパンデミックワクチンの国家備
蓄は1000万人分。接種の優先順位があるから、一般国民には回ってこない、だ
って。\(^O^)/

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062136740/showshotcorne-22/
岡田晴恵著「パンデミック・フルー 新型インフルエンザ Xデー ハンドブック」
の「パンデミック・フルー」は、前述NHKの特集であったドラマと同じタイト
ルですね。
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索