Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

直筆で読む「坊っちやん」2007年11月22日 05時41分01秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のtti/salon(筒井康隆会議室)からホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087204146/showshotcorne-22/
夏目漱石著「直筆で読む「坊っちやん」 (集英社新書 ビジュアル版 6V)」
を本屋で実際に手にとって見ました。
 夏目漱石直筆の「坊っちやん」の原稿を全編カラー写真で新書にしたもので
す。集英社新書、いろいろやってますね。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/11/21/2449895
非線形科学、失敗学
で、名前だけは触れた
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087204081/showshotcorne-22/
蔵本由紀著「非線形科学 (集英社新書 408G)」
といい、ツボに入ってきた感じ。
 直筆原稿だから、あちこち手直しているのがそのまま入っているので、その
意味では興味深いし、作家の研究している人にはたまらんものなんでしょうが、
フツーに読もうと思うと、これ、読めませんよ。
 なんて書いてあるのかよくわからないんです。編集者も配慮したんでしょう。
脚注がいっぱいあります。
 筒井さんの手書きが非常に読みやすいのと比べると雲泥の差です。
 石原慎太郎でしたっけ。作家にも何人か悪筆で原稿が読めない人がいて、専
門の解読者がいるそうですね。ほとんど暗号ですね。\(^O^)/

http://www.asahi.com/edu/nie/kiji/kiji/TKY200711040061.html
(観流)直筆「坊っちやん」 夏目漱石の誤字・当て字に味わい
なんて記事もありますね。

 手書き原稿フェチは筒井ファンにも多そうですね。
 某氏のように、譫妄状態で、病室の天井に未発表原稿を幻覚で観てしまう人
もいるし。\(^O^)/
 奥さんに、早くデジカメ持ってこいとどなったとか。\(^O^)/
 元気になられたから笑い話だけど、奥さん、この人、完全に発狂したと思っ
たでしょうね。^^;

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック