Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

ソフトバンク携帯|電源オフ即電波法違反2007年09月12日 21時43分13秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 eMacさんより。すごいな、ソフトバンク、相変わらず。
 いま、配っているホームアンテナ。あれの電源切ると、電波法違反で1年以
下の懲役または100万円以下の罰金だそうです。
 詳しくは、
http://www.boraro.gozaru.jp/diary/sonota/sonota-entry-008.html
ソフトバンク携帯|軽い気持ちで電源を切ると恐ろしい事に・・・。
をどうぞ。
 楽しいよね、こういう話題、ほのぼのして。:-)

 ソフトバンク携帯のコマーシャルで、お父さんに扮した犬が、どら焼きを食
べたのをお母さんに疑われたので、居間から逃げ出して書斎にこもって、でも、
最後に「食べました!」とがちゃんと電話を切るのがあるでしょ。おれ、あれ、
大好きで、特に最後に「食べました」って犬なのに言うのがいいなあと思って
ます。
 ホームアンテナの電源切ったら、追求されるんだろうな。\(^O^)/
 でもって、最後に、犬のお父さんが、「切りました」\(^O^)/

人類はどうやって球の体積を求めたのか2007年09月12日 21時43分42秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 なんで行き当たったのか、もはや記憶がないが、メモから。
http://www.rd.mmtr.or.jp/~bunryu/kyuu.htm
人類はどうやって球の体積を求めたのか
をどうぞ。
 これ、とっても感心した。やはり、アルキメデスってすごいですね。

 アルキメデスは3人兄弟です。団子三兄弟ではなく、猿の三兄弟です。
 歩き目です。
 歩き口です。
 歩き耳です。
 すなわち、見ざる言わざる聞かざる(見猿・言わ猿・聞か猿)です。
 すなわち、日光東照宮です。
 そうか、元は猿なんだ。猿だけど、球の体積を人類より先に求めちゃった。
それで兵士に殺されたんだね。\(^O^)/
 勉強になるなあ。\(^O^)/

「ゴルゴ13の仕事術」「ゴルゴ13の秘密 新装版」2007年09月12日 21時44分20秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 本日、安倍ちゃんが自慰をしましたね。
 バカー。辞意を表明したんだよ。
 そ、そうか。^^; それはともかく、これで次の首相は、麻生太郎ちゃんかな。
 そう思っておれは、この前、九州に帰ったとき、幼児のころ住んでいた筑豊
の直方と太郎ちゃんの地元である飯塚を回ってきたんだよ。
 お、さすが、情報省、抜け目がないな。
 だって今度は、太郎ちゃんにゴマすって取り入らないといけないもんね。
 つーことで、太郎ちゃんが好きなゴルゴ13ネタ。
 太郎ちゃんもおれも国際政治のことはゴルゴ13から学んだもんね。\(^O^)/

 この前、本屋でぶらぶらしてたら、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396313403/showshotcorne-22/
漆田公一, デューク東郷研究所著「ゴルゴ13の仕事術」
が目に留まって、ソッコー買って読んでみた。
 いいなあ、デューク東郷研究所だって。\(^O^)/
 常にパーフェクトな仕事を成し遂げる世界最強の殺人マシーンであるゴルゴ
13は、究極のビジネスマンといえる。なぜ彼は失敗しないのかを探ることで、
ビジネスに役立てようというのが趣旨。もちろん、そんなのは半分以上口実で
あって、実はゴルゴ13をネタにあれこれギャグをかまして楽しもうという本。
軽い読み物だからすぐ読める。
 偉いと思ったのは、いくつものビジネスシーンを切り出して、それにエリー
トの秀才、一般人の凡才、バカ、そしてゴルゴ13はどう対応しているかを一所
懸命書いてあること。
 読むと、バカならゴルゴ13に勝てる。っていうか、バカ以外、ゴルゴ13には
勝てないという思いを禁じえなかった。\(^O^)/
 振り返ると、ゴルゴを倒そうとした奴らは、秀才ばっかだもん。ほんとのバ
カとゴルゴが対決したことないもん。それやったら、ギャグ漫画になるから。
\(^O^)/

 調子に乗って、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887189060/showshotcorne-22/
世界ゴルゴ調査会東京本部著「ゴルゴ13の秘密 新装版」
も買って読んでみた。1993年刊「ゴルゴ13の秘密」の新装版だそうです。
 いいなあ、これも著者が、世界ゴルゴ調査会東京本部だって。世界とつけて
るけど、日本にしかないだろう、ゴルゴ調査会。^^;
 この秘密シリーズっていっぱいいろんな漫画のが出てるのね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887187947/showshotcorne-22/
世田谷サザエさん研究会著「サザエさんの秘密」
なんかもそうなのね。でも、望月三起也「ワイルド7」の秘密についての本が
なかったのが残念だった。あまり人気ないのかな。古すぎるのかな。おれ、大
好きなのに。

 「ゴルゴ13の秘密」は、何回狙撃したか、何人殺したかなど調べてたり、ど
こで狙撃したかの分布を世界地図に示したり、M16の描き間違いの指摘だとか、
トリビアがけっこうあり、しかもそれは第何巻の何ページか脚注に示してある
など、けっこうな労作だなと思いました。
 ただ、書き方はストレート。「ゴルゴ13の仕事術」のほうがひねりがあって、
一枚上手だね。
 どちらも、読んでて思ったのは、話題にしているエピソードをすぐ読みたく
なること。
 今後、この手の本を出すなら、QRコードみたいなのがその場に印刷してある
か、電子書籍でリンクが張ってあって、一発でそのエピソードだけ電子的にば
ら売りされているのを買えるようにしてほしいと思ったよ。
 で、アクセスした途端、おれの秘密を探る奴は生かしておかないとばかりに、
ゴルゴ13に狙撃されて殺されちゃうね。\(^O^)/

ラグビーワールドカップ、日本、フィジーに勝てず2007年09月13日 03時53分09秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 一眠りしてから日テレで観戦しましたが、日本、フィジーに31-35で負けま
した。
 勝てた試合だけに、チョーくやしい。
 最後のロスタイムでもずっとなんとかボールをキープして相手陣ゴール前で
攻め続けましたが、トライが奪えず。トライでロスタイムの逆転という劇的勝
利を期待して応援したんだけど、力及ばずでした。

 前半9-10の1点差で折り返し、後半開始早々に逆転するなど理想的なゲーム
展開。
 スクラムハーフ(SH)の吉田がケガで矢富に交代。その矢富が流れを変えてト
ライにつながって24-25の1点差。逆転の期待大だったが、なんと矢富もケガ
で交代。1試合でSHが二人もケガでいなくなるという異常事態。これで流れが
悪くなりました。
 SHはスクラムやモール、ラックといった密集からボールを出すスペシャリス
ト。この球出しのテンポがいいといい攻撃になります。その専門家がいなくな
って、本来司令塔のスタンドオフ(SO)ブライス・ロビンスが急遽SH役。
 最後の相手陣ゴール前での連続攻撃もSHがいないから玉がいいテンポで出な
い。両チームとも選手は疲労困憊で動けない状態だったから、SHがいればテン
ポよく球出しできてトライで逆転だったと思う。
 日本、ワールドカップで16年ぶりの勝利。ワールドカップ通算2勝目かと
思ったんですが、泡と消えました。

 解説のサントリー清宮監督もいってましたが、フィジーは出来がよくなくて、
一発でトライを決めるフィジアンマジックと呼ばれるパスワークの片鱗はみせ
たけど、ディフェンスは甘い。連続攻撃ですぐ守備が乱れる。この相手なら、
勝てる試合でしたよねえ。
 キックしちゃいけないところでキックしたり、おれも、バカーなどと叫んだ
けど、清宮さんも怒ってましたね。^^;
 サントリーの選手であるフルバック(FB)有賀の交代にも、なんで有賀を交代
させたんだといってたが、有賀はケガっぽかったけど。^^;
 ケガといえば東芝の吉田は足がつっただけみたいだったけど、矢富はもっと
重いケガのようでした。心配です。
 東芝の選手でいえば、大野のがんばりが、後半11分のトンプソンのトライ
につながりました。これはさすがに清宮さんがしっかり見ていてほめてました。
テレビじゃわかりにくいプレーだったし、リプレーは最後にトンプソンがトラ
イするシーンだけだから、その前に大野が決定的な仕事をしたのが素人にはわ
からない。
 よく知ってる人が解説するといいですね。

http://www.sanspo.com/sokuho/070912/sokuho082.html
サンスポの速報:カーワンジャパン、フィジーに惜敗 ラグビーW杯

 さあ、もう寝よう。またサッカーのときのように、しばらくワールドカップ
時間で生活してます。\(^O^)/

ゴルゴ13と筒井康隆の接点2007年09月13日 04時23分53秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のtti/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
もう寝ますと書いたばっかりなのに、思い出したら寝られなくなって書いたアホネタ。^^;
---
 アホネタです。
 ゴルゴ13関連商品をみていて、筒井さんとの接点を発見しました。誰かの暗
殺を頼んだのかというと、そうです。ターゲットはあなたです。\(^O^)/

 なんと、ゴルゴ13には、ジャズ・セレクションというCDがあります。\(^O^)/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00006HBQ0/showshotcorne-22/
ゴルゴ13 ジャズ・セレクション

 曲目リストをみると、マイルスやロリンズなどとともに、
セント・ジェームズ病院(レッド・ガーランド)
があります。
 ああ、筒井康隆「「聖ジェームス病院」を歌う猫」とつながっています。\(^O^)/

 ゴルゴ13に狙撃を依頼するときは、賛美歌13番をラジオ局にリクエストする
というのが有名ですが、この大発見からすると、どこかのラジオ局に「「聖ジェ
ームス病院」を歌う猫」の朗読を依頼すると、ゴルゴ13とコンタクトが取れそ
うですね。\(^O^)/

 ところで、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/14/1260227
円周率音楽、ゲーデル、エッシャー、バッハ、モーツァルト
では、いままでナニゲに「聖ジェームズ病院」と書いてきましたが、筒井作品
では最後の「ズ」は濁らず「ス」で、「聖ジェームス病院」なんですね。
 わかる犯意で修正します。もとい、わかる範囲で修正します。

Mozilla 242007年09月14日 02時10分07秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 今度の週末、Mozilla 24という大きなイベントがあります。
 ぼくは、おとめ座に遊びに行くので観られませんが。\(^O^)/
 Sunからのメールを以下に。

中村(show)

--- ここから ---
SDC個人会員の皆様へ

来る9月15日(土)から16日(日)にかけて、Mozilla主催のイベント
「Mozilla 24」が開催されます。
このイベントは、技術者はもちろん、一般のエンドユーザの方に
も参加いだけるよう様々なプログラムをご用意し、インターネッ
トの未来について考えるきっかけとすることを目的とした24時間
開催のイベントです。

特に、慶應大学三田会場では、オープンソースの話題や次の25年、
50年後のインターネットについて、有識者の皆様のお話を伺うセ
ッションもご用意しております。また、ベルサール九段会場では、
お子様と一緒に楽しめるワークショップも開催しておりますので、
ご家族で参加いただくことも可能です。
SDC会員の皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

なお、当日、会場にお越しになれない方の為に、一部のプログラ
ムは、インターネットの Live中継 も行います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         24時間ノンストップ 
     ネットでつながる地球規模のイベント
    自由な発想で未来のインターネットを考える

     『 Mozilla 24 』参加登録受付中
      2007年9月15日(土)・16日(日)開催!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~ヴィントン G. サーフ 氏、村井純 氏、ミッチェル・ベーカー
の対談やヨーロッパ、タイ、日本をつなぐディスカッションなど、
グローバルイベント満載!!~

パネルディスカッションからデバック、音楽イベントからお絵かき
まで、子供から大人までが幅広く楽しめるプログラムを多数ご用意!
Mozilla 24 参加の方法はさまざま、当日会場に足を運んでインター
ネットの未来や Open Source について真面目に考えるのも良し、自
分で見て触れられるワークショップに参加してみるのも良し、オン
ライン上の
動画配信を見ながら自宅からまったり参加することも可能!オンライン
からでも、オフラインでも、是非貴方に合った Mozilla 24の参加方法を
見つけてください。

■ 開催概要
 イベント名: Mozilla 24
 開催期間 : 2007年9月15日(土) 日本時間 午後 12:00より
        2007年9月16日(日) 日本時間 午後 12:00 迄
 会場(国内): 慶應義塾大学三田キャンパス東館(Global Studio)
        ベルサール九段(東京)
        SHIBUYA BOXX & SHIBUYA @FUTURE(東京)
        京都大学学術情報メディアセンター(京都)
 参 加 費 : 無 料
       (Firefox ROCK FESTIVAL'07 の一部のプログラムを除く)
 主  催 : Mozilla
 協  力 : Sun Developer Connection(SDC)
        サン・マイクロシステムズ(株) 他

■■■ プログラムの内容・参加登録/プログラムのお申込は ■■■
■■■      http://www.mozilla24.com/      ■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 おすすめプログラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ パネルディスカッション「地球コンピュータ」<9/16 慶應会場 A5>
  地球全てを覆う網となったインターネットをあらためてここで見つ
  め直すパネルディスカッション。次の25年、50年後も無限の可能性
  を秘めたインターネットであるための新たなるミッションを共有し
  ます。パネリストには、TCP/IPの開発者として“インターネットの
  父”とも呼ばれるヴィントン G. サーフ氏、日本のインターネット
  研究の第一人者としても著名な慶應義塾大学環境情報学部 教授の
  村井純 氏、Mozilla Corporation CEO、ミッチェル・ベイカーが参
  加します。
  詳細 http://www.mozilla24.com/program/keio_university/a5.html

■ 24時間チャレンジイベント:「DocFest M24」<9/15-16 九段会場 C2>
  フリー/オープンソースのドキュメント、メッセージカタログの翻
  訳や作成を24時間共同で作業します。一人では寂しい作業も、みん
  なでワイワイやればとっても楽しい!
  詳細 http://www.mozilla24.com/program/kudan/c2.html

■ 「Webブラウザのアクセシビリティを考える ~インド・アメリカより、
  視力障害者からの実用例~」       <9/15 慶應会場 A4>
  インド、アメリカに在住するMozilla Community の視覚障害者によ
  るプレゼンテーション。彼らが実用する視覚障害者向けFirefox拡張
  機能の紹介を通し、Webブラウザのアクセシビリティを考える。
  詳細 http://www.mozilla24.com/program/keio_university/a4.html

■ 「LiveCoding @ Mozilla 24」       <9/15 九段会場 B4-1>
  LiveCodingとは、ライブでプログラミングの技を披露し合い、つ
  っこみをいれたりして、その場でソフトウェアを開発する新しい
  潮流です。すごいプログラマーのスーパーテクニックを生で見て、
  みんなで盛り上がります。かなり楽しいです。腕に覚えのあるハ
  ッカーのひとから、すごいハッカーの技をライブで見たい!とい
  うひとまで、広く参加者を募集します。
  詳細 http://www.mozilla24.com/program/kudan/b4_1.html

■ 「フォクすけで作るCシャツ・ワークショップ」    (No: B1-2)
  PCを使って自分で作ったイメージをその場でTシャツにプリントす
  るワークショップです。ご参加いただいた方は出来上がったTシャ
  ツをお持ち帰りいただけます。今回はフォクすけの画像を使って、
  オリジナルのデザインをその場でリミックス、そしてTシャツにプ
  リントします。
  詳細 http://www.mozilla24.com/program/kudan/b1_2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他、オープンソース系プログラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「IT先駆者 vs 学生 イケてる?!オープンソース」    (No.A1)
  オープンソースって何?ビジネスになるの?学生 対 IT有識者
  とのパネルディスカッション。
  詳細 http://www.mozilla24.com/program/keio_university/a1.html

■「Open Source and Localization」           (No.A3)
  ヨーロッパにおけるオープンソースの現状について
  詳細 http://www.mozilla24.com/program/keio_university/a3.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この他にも様々なプログラムをご用意しています。
 Mozilla 24 開催プログラム ◇ http://www.mozilla24.com/program/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ☆☆☆ Firefox ROCK FESTIVAL '07 開催 ☆☆☆
  9月15日SHIBUYA BOXX / SHIBUYA@FUTURE にて、Mozilla 24と
  mF247 が世界に贈るネット参加型ライブ開催!
              ◇ http://www.firefoxfestival.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ Mozilla 24 後援組織
    慶應義塾大学
    WIDE プロジェクト
    慶應義塾大学 デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構
    Stanford Center for Innovations in Learning
    School on Internet Asia Project
    アジア工科大学院
    Cert Renater
    奈良先端科学技術大学院大学
    株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)
    ウタゴエ株式会社
    メディアエクスチェンジ株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■■■■  最新情報・参加登録はこちら ■■■■
  ■     http://www.mozilla24.com/    ■    
  ■■■■  ■■■■

----------------------------------
 本イベントについてのお問い合わせ
 Mozilla 24 事務局
 Email: info@mozilla24.com
----------------------------------
--- ここまで ---

「BANG!」「宇宙はどこまで明らかになったのか」2007年09月14日 02時10分38秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/08/25/1750348
Re: 海部宣男著「すばる望遠鏡の宇宙」、Google Sky, Mitaka
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/08/26/1753241
クイーンのブライアン・メイの宇宙本「BANG!」
で話に出た
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797337311/showshotcorne-22/
福江純, 粟野由美著「宇宙はどこまで明らかになったのか 太陽系の誕生から
ブラックホール、宇宙の進化まで」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479734007X/showshotcorne-22/
Brian May/Patrick Moore/Chris Lintott著, 渡部潤一監修, 後藤真理子訳
「BANG! 宇宙の起源と進化の不思議 (大型本) 」
を、むはは、買ってしまいました。\(^O^)/

 「BANG! 宇宙の起源と進化の不思議」は、毎晩ゴロニャン状態で眺めてます。
大きくてきれいな本はいいですねえ。
 「宇宙はどこまで明らかになったのか」は、まだざっと見ただけだけど、こ
れ、おれがこの5年ほど、日経サイエンスや三鷹ネットワーク大学で勉強した
ことが全部書いてあると思う。それも簡潔にして明瞭に。
 小久保英一郎氏の太陽系形成のシミュレーションのことはこれで読むのがほ
とんど初めてかな。たしか、スーパーコンピュータをたった20万円で作ったと
当時大変に話題になったGrapeの後継機使ってるんですよね。小久保さん、サ
イエンスZEROにも出てたし。
 伊藤さんのGRAPE本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479734007X/showshotcorne-22/
伊藤智義著「スーパーコンピューターを20万円で創る」
は、とっくに読み終わってるんだけど、感想はそのうちに。

 とにかく、これだけのものが、こんなにコンパクトになって安く出てるんだ
から、サイエンス・アイ新書、偉い! 恐るべし!

 もっと本格的なものが勉強したいなら、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/16/1510350
シリーズ現代の天文学 岡村定矩編「人類の住む宇宙」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/18/1309680
日本天文学会の天文学全集「現代の天文学」刊行開始
で紹介した、日本天文学会の「現代の天文学」シリーズを読むといいと思う。

 ところで、サイエンス・アイ新書では、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797339195/showshotcorne-22/
ポーポー・ポロダクション著「マンガでわかる色のおもしろ心理学」
が売れてるみたいだったので、おお、すばらしいと思ってたけど、アマゾンで
「サイエンス・アイ」で検索してみると、サイエンス・アイ新書の中では、2
3位でした。^^;
 ちなみに、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797337311/showshotcorne-22/
福江純, 粟野由美著「宇宙はどこまで明らかになったのか」
は、7位。
 1位は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797339497/showshotcorne-22/
梅津信幸著「あなたはコンピュータを理解していますか?」
です。
 やっぱ、ソフトバンクのルーツであるコンピュータ関係が強いということな
のか。なんか、複雑な心境というか、コンピュータやインターネット以外の科
学ジャンルの本が1位になってほしい気もします。ネコ好きとイヌ好きの本は
売れてるけど、それもちょっと違うかな。^^;

参考:
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/08/25/498249
惑星は8個。冥王星は脱落! 関連の雑誌と本の紹介もあるよ。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/07/03/28164
三鷹天文台オフ
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/06/07/18258
これで、おれも天文学者だ\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/06/12/20021
Re: これで、おれも天文学者だ\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/06/12/20022
Re: これで、おれも天文学者だ\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/06/22/23970
「おれも天文学者だ」シリーズ第2弾
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/11/1501518
サイエンスZERO。すごーい\(^O^)/

かぐや(SELENE)打ち上げ2007年09月14日 02時11分15秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 昨日13日に打ち上げ予定だったのが延期されて、いよいよ今日ですね。
 また延期にならないといいけど。
 どうか、無事、月まで行って、すごいデータをばりばり送ってきてほしいで
すね。

参考:
http://www.selene.jaxa.jp/ja/index.htm
月周回衛星「かぐや(SELENE)」
http://www.jaxa.jp/countdown/f13/index_j.html
かぐや/H-IIA13号機 打上げ特設サイト
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/07/07/1631202
セレーネとかぐや
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/08/25/1750348
Re: 海部宣男著「すばる望遠鏡の宇宙」、Google Sky, Mitaka
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/08/26/1753241
クイーンのブライアン・メイの宇宙本「BANG!」

渋滞学、西成活裕著「クルマの渋滞 アリの行列」2007年09月15日 08時24分22秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/02/13/1179605
量子コンピュータ入門書
で、一言だけ言及した渋滞学。
 日経サイエンスで知って気にはなってたんですが、遅ればせながら、やっと
本を買ってきて読みました。
 西成さんの渋滞学の本といえば、まず思い浮かぶのは、ベストセラーになっ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106035707/showshotcorne-22/
西成活裕著「渋滞学 (新潮選書)」
です。目次は、
http://www.shinchosha.co.jp/book/603570/
をどうぞ。
 目次をみたついでに、
http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/603570.html
波 2006年10月号より 渋滞でイライラしなくなります 西成活裕『渋滞学』
山根一眞
を読んでびっくり。山根さん、西成さんとは高校から友人なんだ。実は、山根
さんの「メタルカラーの時代」で感動したので、それを書こうと思っていたら、
これだもんね。
 「渋滞学 (新潮選書)」は、さきごろ、第23回講談社科学出版賞を受賞して
います。前回の受賞は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062575043/showshotcorne-22/
福岡伸一著「プリオン説はほんとうか?―タンパク質病原体説をめぐるミステ
リー (ブルーバックス)」
ですね。過去の受賞は、
http://www.kodansha.co.jp/award/archive/kagaku-syuppan.html
講談社科学出版賞 (過去の受賞者一覧)
をどうぞ。
 さあ、渋滞学を知りたいと思って、この本を買って読んだかというと、実は
読んでない。\(^O^)/
 おれが買って読んだのは、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774131245/showshotcorne-22/
西成活裕著「クルマの渋滞 アリの行列 -渋滞学が教える「混雑」の真相-」
 目次は、
http://www.gihyo.co.jp/books/syoseki-contents.php/978-4-7741-3124-5
をどうぞ。
 なぜ、こっちかというと、ひねくれ者というほかに、これを出しているのが
パソコン関係の出版社である技評(技術評論社)だから。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/08/26/1753246
アスキー新書ってあるんだ。新書戦争?
でも書いたように、パソコン関係出版社が他の分野にどんどん出ているのを知
って、技評のこの本もそれだなと思って、ご祝儀ご祝儀。\(^O^)/

 「渋滞学 (新潮選書)」は未読だけど、目次を見る限り、本書もよく似た内
容だと思う。「クルマの渋滞 アリの行列」は、図も多く使っている。
 読んで何が面白いかといって、モデル作りの話。
 高速道路の渋滞のモデルは、おれらにソフト屋には馴染みのセルオートマト
ンですよ。それも非常に簡単な規則。それだけで、コンピュータ上に現実の渋
滞データにそっくりの渋滞が作れる。
 ほかにも、超音速状態の流体力学を使ったり、群集が部屋の出口に殺到する
状態をモデル化するフロアフィールドモデル、簡単なルールで鳥や魚が群れを
成すことをシミュレートできるモデルなど、いろんなアイデアでさまざまな渋
滞、混乱を科学的に解明しようとしている様がよく伝わってくる。
 こういう解明が進むと何がいいかというと、高速道路の渋滞を減らしたり、
交通事故を減らしたり、災害時にパニックになって出口に殺到するのを防ぐと
か、いろいろ応用は考えられる。
 中でも、へえと思ったのが、踏切はノンストップにするべしという提言。踏
切が開いているのに、一旦停車して安全確認せよというのが日本の道路交通法
だが、これ、おかしいそうです。\(^O^)/
 このルールがあるのは、世界の中でも日本と韓国くらいで、ほとんどの国は、
止まらない。したがって、外国で車を運転するとき、踏切で一旦停止すると追
突されるから気をつけるようにと。そして、何より、一旦停止を止めることで、
渋滞がかなり解消されるそうだ。

 第一印象では、渋滞なんて学問になるのかと思っていたが、ちゃんといろい
ろ調べていくと学問になりますねえ。
 それと数理とコンピュータシミュレーションはやっぱり役に立つなあと思い
ました。

日本の新聞はなくなるの?2007年09月20日 22時06分41秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。

標題: 日本の新聞はなくなるの?
---
週刊ダイヤモンド9月22日号の特集は「新聞没落」。先日のテレビ局
特集並みに力の入った特集である。
詳細は買って読んでいただくとして、書いていることとやっている
ことが違うじゃないのと新聞社を責めたくなることの多いこと。昔
から、某経済新聞に企業経営のあり方を書かれると「おまえに言わ
れたくないわ」とツッコミが入ったという新聞の丼勘定ぶりだが、
総読者数の減少、押し紙問題、インターネット戦略、これらに加え
て一部の新聞社では株主問題まで抱えているのだから、新聞経営も
楽ではない。
その割には経営危機により新旧分離による再建を図っていた毎日新
聞は10年もかからずに再建を完了したし、いわゆる「産経残酷物語」
の舞台となった産経新聞社も真新しい立派なビルに本社を構えたま
まだ。新聞社・通信社の買収合戦が巻き起こり、無料新聞・紙幅の
スリム化・タブロイド判併売など、欧米に起きていることはまるで
絵空事のようである。(海外事情についても、特集の中で触れてい
る)
どちらかといえば新聞が好きな私にとって、よりよい新聞が読める
ということはとてもうれしいことでもある。テレビやインターネッ
トにはない魅力が新聞には残されているのであるから、その力を正
しい方向に伸ばしていただきたい。

いや、実は、郵便受けの中に週刊ダイヤモンドと一緒に地元紙の試
読紙が入っていた。まさか、この特集を狙って、などということは
ないだろうが、いまどき「ホームページ開設しました」の一文が
入った購読申込書を見ながら、いろいろと考えてしまうのであった。


--
つばめどん

===
標題: Re: 日本の新聞はなくなるの?
---
9月14日に無事H2A13号機によるSELENE(かぐや)の打ち上げが
成功して、やれやれと思って昼休みに会社の日経を読んでいた
ところ、「春秋」欄であきれるようなことが書いてありました。

http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20070913AS1K1300113092007.html
です。

----ここから
文筆家の山本夏彦さんが昔、発した警句「何用あって月世界へ」
の方に共感する人は多いのではないか。
----ここまで

その警句はベトナム戦争しながらのアポロ計画に対する皮肉なので
しょうが、研究者が好奇心から探査を行うのがそんなに悪いこととは
思えません。無駄な箱物作るよりはるかにましです。

----ここから
▼巨額の国費を費やす宇宙開発なら、月を研究するより、宇宙から、
温暖化に悩む地球を調べたり日本の安全を保つのに必要な情報を
集める技術を磨くのが先。そんな考えもある。
----ここまで

JAXAはもうすでに温暖化等の対策に使える地球観測衛星ALOS, AQUA,
TRMMを打ち上げ運用中です。みどり、みどり2は運用終了してしまい
ましたが、たくさんの成果をあげていたはずです。予算の許す範囲で
できるだけの事を最大限行っているのにそういうことを調べもせずに
無知のまま記事を書き飛ばしている新聞よりはるかにましでしょう。

またこの記者は偵察衛星を打ち上げれば24時間休みなく仮想敵国の
情報が収集できるとでも考えているのでしょうか。能天気すぎます。
そもそもいったい何機必要か考えてみろ。

ちょっと前にもこの欄では無理に若作りして「エヴァ」の綾波が
どうしたとか書いていましたが、こんなことばかり書く新聞なら
今すぐなくなっても別にかまいません。

--
ryo

===
標題: Re: 日本の新聞はなくなるの?
---
自分のブログに同じ文章をブログ対応して掲載したら、
早速毎日新聞社からのアクセスがありましたよ、奥さ
ん。産経は紙よりもネット優先の方向に行けば面白い
ことになるなあとはおもうけど、毎日がなくても俺は
困らないもんなあ。朝日と読売と日経はこれだから
日本の新聞は!と引き合いに出すのに必要です。朝日
がどんどん読むところがなくなっていっているのが
ちょっと心配ですね。脳内メーカーができる時代だ。
「中国」「韓国」「戦時補償」とかキーワードを入れ
ると朝日と読売の社説をでっち上げるってのは仕組み
としてできそうだしなあ。日経?文末に「日本経済へ
の影響が懸念される」って入れておけばなんとかなる
もんだって。


--
つばめどん

===
標題: Re: 日本の新聞はなくなるの?
目次: 1. 文書(本文)
2. GIF画像
3. GIF画像
4. GIF画像
5. GIF画像
6. GIF画像
---
ちなみに、各新聞の脳内メーカーの結果・・・。
爆笑してしまう場面も・・・。
---
たま@無精庵

===
標題: Re: 日本の新聞はなくなるの?
---
 脳内メーカー、自分のをやってみた。
 本名からハンドルになると豹変するらしい。
 どちらも「愛」だの「友」だの一切出て来ないや。

                        穂高

===
標題: Re: 日本の新聞はなくなるの?
---
 お久しぶり。連休は遊びに行ったんだけど、帰ってきて倒れました。\(^O^)/
 週刊ダイヤモンド2007/09/22号、読みました。
 目次は
http://dw.diamond.ne.jp/number/070922/index.html
をどうぞ。
 本文も面白かったけど、編集後記が非常に面白かった。
 取材班の編集後記は、新聞社に質問をしたら、週刊ダイヤモンドの記者の身
辺調査をする新聞社があったとか、自分らは夜討ち朝駆け取材しているくせに、
経営者へ夜討ち取材したら猛抗議してきたとか、いかにも新聞社がやりそうな
話。連中の思い上がりがすごいもんね。
 この猛抗議してきた新聞社は、某最大手新聞社と書いてあるので、読売新聞
でしょう。\(^O^)/
 書面による回答に限るとかっていう新聞社もあって、書面以外の取材にも応
じてくれたのは、朝日新聞と産経新聞だけだったとのこと。
 奇しくも営業左翼と営業右翼ということか。\(^O^)/

 もう1つの鎌塚氏の編集後記は、ロッキード裁判のとき、田中角栄の法廷写
真を撮影した福田文昭さんは、裁判長に呼び出され、福田さんが「また撮りま
すか」と裁判長から聞かれ「また撮ります」と答えたのに、翌日の新聞は「二
度と法廷で撮影しないと約束した」と報道したという話。そして、鎌塚氏は、
日本のジャーナリズム、新聞、テレビの恥部、暗部といわれる記者クラブ制度
のひどさに言及しています。
 どちらの編集後記も、新聞社、新聞記者の思い上がりをよく表わしてますね。

 角栄の法廷写真、たしか、新潮社が同時出していて写真週刊誌というジャン
ルを作った(もうすっかり衰退した感があるけど)「フォーカス」に掲載された
んだよねと思って、ググったら、
http://www5a.biglobe.ne.jp/~NKSUCKS/focus.html
「フォーカス スクープの裏側」/フォーカス編集部編/2001年、新潮社

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103981024/showshotcorne-22/
フォーカス編集部「フォーカス-スクープの裏側」
がありますね。

 新聞ってさ、もう、テレビのワイドショーで引用されるだけの存在なんだか
ら、毎日何百万部も刷らなくても、いくつかのテレビ局のいくつかの番組用に、
百部刷ったら十分じゃないの。\(^O^)/
 結局、宅配の存在って、折込チラシなんだから、折込チラシだけうまく配れ
ればいいと思うけどね。\(^O^)/

 週刊ダイヤモンドでも採り上げていましたが、新聞の恥部のひとつといえば、
販売店に無理やり新聞を押し売りしてみかけの販売部数を押し上げる押し紙。
この部数でチラシの値段など決まるそうだから、その数字を捏造しているので、
詐欺だともいわれますが、新聞は決して押し紙問題を取り上げることはありま
せん。だって、ここにジャーナリズムなんか、ないもんね。
 新聞の販売はほんと不透明。新聞は紳士が作ってヤクザが売ると、ずっと言
われ続けてきてそのまんまだもん。
 このことは以前書いたことがあるので調べたら、
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/wabijo35.html
乳の詫び状(2000/08/06)
の「標題: 渡邉恒雄 メディアと権力(その2)」で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062738112/showshotcorne-22/
魚住昭著「渡邊恒雄 メディアと権力」
を紹介し、
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/wabijo73.html
乳の詫び状(2003/11/01)
の「標題: Re: 新聞社の詐欺商法と小森君の小説」
で、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898001599/showshotcorne-22/
サワダオサム, 黒藪哲哉著「新聞社の欺瞞商法―「押し紙」「折込広告」の実
態を追う」
を紹介していますね。

 週刊ダイヤモンドの特集では、ほかに
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476340458X/showshotcorne-22/
黒薮哲哉著「新聞があぶない―新聞販売黒書」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106102056/showshotcorne-22/
河内孝著「新聞社―破綻したビジネスモデル」
が紹介してありました。同じタイトルで、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416660144X/showshotcorne-22/
本郷美則著「新聞があぶない (文春新書)」
というのもありますね。

中村(show)

===
標題: Re: 日本の新聞はなくなるの?
---
>9月14日に無事H2A13号機によるSELENE(かぐや)の打ち上げが
>成功して、やれやれと思って昼休みに会社の日経を読んでいた
>ところ、「春秋」欄であきれるようなことが書いてありました。

 ほんと、社説を書いてる奴、バカばっかですね。
 科学の「か」の字どころか、「あ」の字もわからんような連中ばかりなの。
 「あ」って「科学」のどこにあるの?
 いや、そんなくらい、訳がわかってないバカだってこと。
 理系白書のいう通り、日本はバカな文系がのさばりすぎ。連中、バカの癖に
権力を握って思い上がってるからね。
 理系はもっと文系を痛めつけましょう。\(^O^)/

 おれ、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/06/12/20022
Re: これで、おれも天文学者だ\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/06/22/23969
ディープインパクト計画
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/07/03/28164
三鷹天文台オフ
で言及した「ディープインパクト計画」について、テレ朝のワイドショーで、
すっかりジャーナリストじゃなくなった鳥越俊太郎がコメントして、「壮大な
る無駄」といったので、テレ朝に抗議のメールを送ったことがある。
 あなたみたいな能力のない老人に、いまさら数学や物理学や量子力学を勉強
しろとはいわないが、せめてもう少し科学、天文学を勉強してからコメントし
ろ、などと書いた記憶があるけどね。
 ちなみに、番組ご意見窓口なんてのに一応は出したけど、これはだいぶ穏や
かにやったということ。これより、はっきり相手に効くのは、公開企業ならIR
に電話すること。IRは資本家、投資家の皆様向けの窓口。
 おれは株主のときにしか、IR経由でその会社に文句をいうつもりはないから、
在京キー局の株は全部もってる(嘘?)。\(^O^)/
 某氏の知り合いは、すごいよ。株主でも何でもないけど、むしゃくしゃした
ら、どこでもいいからテキトーに公開企業のIRに電話して憂さを晴らすそうだ。\(^O^)/
 IRは大変だなあと思いました。

中村(show)

===
標題: Re: 日本の新聞はなくなるの?
---
>脳内メーカーができる時代だ。
>「中国」「韓国」「戦時補償」とかキーワードを入れ
>ると朝日と読売の社説をでっち上げるってのは仕組み
>としてできそうだしなあ。日経?文末に「日本経済へ
>の影響が懸念される」って入れておけばなんとかなる
>もんだって。

 社説の自動生成は、以前からもうありますよ。ここでも紹介したかもしれな
い。
http://itdict.ddo.jp/joke/shasetsu/shasetsu.cgi
朝日新聞的社説(自動生成)
です。
 調べたら、まだブログがないころ。
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/wabijo88.html
乳の詫び状(2005/02/17)
の「標題: 侍が萌え萌えー」で紹介していますね。
 もっと本格的には、MITには論文を自動生成する実験サービスがあって、お
れも、自分の論文を英文で生成して、学位論文として提出したら、中州産業大
学が学位をくれました。\(^O^)/

 ほんと、いま、社説って読んでる奴、何人いるの? あんな社内向け自己満
足オナニーみたいな文章。そこらの素人の家族向け内輪ブログと一緒じゃん。\(^O^)/
 社説読んでるのって、ワイドショーの新聞紹介コーナーの連中だけ?\(^O^)/

 高校生のころ、入試に出るというので朝日新聞の天声人語を読んでいて、な
るほど、上手な文章と思うことがあったが、書き手が変わったのかの知らない
が、どんどん、下手な文章になって、おれでも書ける水準まで落ちたので読む
のを止めました。
 ま、おれの読解力、文章力が上がったから、天声人語が下手にみえるように
なったんだよね。\(^O^)/
 あんなに下手な文章を読んでいたら、こっちの文章力まで落ちると思って読
むのを止めたんだよ。\(^O^)/
 ところで、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/07/16/1658941
高校生のための文章読本
で紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480917047/showshotcorne-22/
梅田卓夫, 清水良典, 服部左右一, 松川由博編「高校生のための文章読本」
は、多くの人が買ってくださってます。トータルで何十冊も売れていますね。
 ああいういい本が売れて、素直にうれしいです。ああいうので力をつけると、
社説や天声人語みたいな文章がいかにレベルが低いかわかって、こんなの読ん
でいたらバカまっしぐら、もっといい文章を読もうと思うようになります。
 テレビも地上波、それも民放観てたら、バカまっしぐらでしょ。
 要は、テレビと新聞しか見ない読まない連中はバカまっしぐら。\(^O^)/
 餌として着々と育っておるわけです。\(^O^)/

中村(show)

===
標題: Re: 日本の新聞はなくなるの?
---
 たまさんの画像は、添付ファイルなので、ASAHIネット会員かつBBBで見てい
る人は別として、NNTPやTelnetで見ている人、非会員でウェブやブログを読ん
でいる人はわからないと思うので、一応、解説しておくと、上から順に
産経新聞
朝日新聞
読売新聞
日経新聞
毎日新聞
の脳内イメージです。
 みなさん、ご自分で、
http://maker.usoko.net/
でやってみてください。

 日経新聞じゃなくて、日本経済新聞でやると、嘘と悩が半々くらいで、ちょ
ろっと友になります。
 脳内メーカー、もう1ヵ月くらい前かな、知って、やりまくってたら、その
うち、テレビやらで紹介されて、人気が出すぎてアクセスできなくなってまし
た。でも、今日はすぐ動いた。増強した?
 おれの名前はよく当たってるなと思いましたけどね。\(^O^)/
 女の人の名前は、Hばかりになりやすい気がするね。
 おれも女形のときの芸名でやったら、Hばかりになった。\(^O^)/
 なんやねん、お前の女形のときに使う芸名って。\(^O^)/
 あぬなー。中村正三郎という名前で歌舞伎と関係ないとでも思ってる?
 えっ、関係あるの?
 さあ。\(^O^)/

中村(show)

===
標題: Re: 日本の新聞はなくなるの?
---
ほぼ同じ文章を自分のブログにも掲載したんだけど、
早速毎日と朝日がアクセスしてきました。なんでも
いいから情報が欲しかったんだねえ。
その後、報道各社と大学からいろいろとアクセスが
あり、なかなかの反響であったことよのうおほほ。
広告代理店からのアクセスは一切ありませんでした。
ゴミ客の情報収集なんざやってられるかって感じ
ですか。さすが天下の代理店様ですなあ。

--
つばめどん