Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

本の品切れ。Lispの古本はバブル? 入門書紹介も兼ねたつもり。2007年05月11日 23時13分57秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 最近、個人的には本の品切れが続いています。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/03/1480602
堀晃「バビロニア・ウェーブ」「地球環」
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/05/06/1487020
Re: 堀晃「バビロニア・ウェーブ」「地球環」
で話題になった「地球環」が品切れだけじゃなくて、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/04/17/1412347
東京外国語大学の好奇字展(その2)
で紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309760627/showshotcorne-22/
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所編集「図説 アジア文字入門」
も品切れ。
 キャンペーンをやっていたbk1では、在庫があるかのような表示になってた
ので頼んだら品切れだといわれて、amazonを改めてみたら3点在庫ありという
ので、やっと買いました。あれ、おれが買ったのにまだ3点在庫ありだな。\(^O^)/

 一番ひどかったのが、ウィンストンのLispの第2巻。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4563014656/showshotcorne-22/
P.H. ウィンストン, B.K.P. ホーン著, 白井良明, 井田昌之, 安部憲広訳
「LISP〈2〉」
です。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/01/26/1138367
Maxima, KNOPPIX/Math, R, Octaveその他
で書いたように、1月に
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777512010/showshotcorne-22/
横田博史著「はじめてのMaxima」
などと一緒に頼んで、ずっと来ない。
 あ、アマゾン、ひどいな。いまだに在庫があるかのような表示。
 実際は、もうないでしょ。ずっとこういう表示なのに、何度も、入手できま
せんのお詫びメールが来て、最後はあきらめたんだから。

 ウィンストンのLispをいまどき買う意味は、コレクター趣味だけ。
 昔の原書は、学生時代情報工学科の図書館かでどこかで借りてざっと読んだ
記憶はあるんです。だから、買う気はなかったんだけど、第3版はMacLispじ
ゃなくてCommon Lispになってるし、Common Lispの入門書を紹介するなどと口
走ったし、小金が入ったので買う気になりました。\(^O^)/
 先に入手できた第1巻を実際に読んでみたら、とてもわかりやすい。第1巻
はLispの入門。第2巻はAI的なプログラミングの入門です。目次は以下でどう
ぞ。
http://www.washin.co.jp/honya/outline/4-563-01464-8.htm
『LISP 〔原書第3版〕 1巻』 内容紹介文
http://www.washin.co.jp/honya/outline/4-563-01465-6.htm
『LISP 〔原書第3版〕 2巻』 内容紹介文
 ウィンストン先生のウェブは、
http://people.csail.mit.edu/phw/
です。
 ソースコードは、
http://www.engin.umd.umich.edu/CIS/course.des/cis479/winstonlisp.html
です。

 版元の培風館のウェブに行ったら、第2巻だけは検索で見つかって在庫があ
る表示だったから、意地になって注文したが、いまだ連絡なし。\(^O^)/
 アンテナハウスの隣のビルが培風館なので、怒鳴り込んでやろうかと思うけ
ど(爆)、たぶん、在庫ないです。
 その間、アマゾンで状態がいいものが2500円で出ていたので、第2巻もやっ
と入手しました。
 もし培風館に在庫があったら買わざるを得ないので、ダブっちゃうから、お
れのサインを入れて、アマゾンに出品しよう。100万円だな。\(^O^)/
 それとも、培風館ビルの玄関横に、勝手に「赤ちゃんポスト」を作って、
「どうか、大事に育ててください。ほんとうにすみません」と手紙を添えて、
入れておくか。\(^O^)/
 これの第1巻
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4563014648/showshotcorne-22/
P.H. ウィンストン, B.K.P. ホーン著, 白井良明, 井田昌之, 安部憲広訳
「LISP〈1〉」
が、はうあ!!\(^O^)/
 何これ、12000円!!
 おれが1月下旬にマーケトプレイスで買ったとき4000円だよ。本来の定価が
3800円くらいで、その前は状態の悪いのしかなかったけど、やっと状態もいい
のが出たから買ったんだよね。
 あれ? この話、あ、やっぱり、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/28/1350929
横田博史著「はじめてのMaxima」
で書いてるじゃん。同じ話を繰り返す。言った事を覚えてない。
 完全に老人状態ですね。\(^O^)/
 仕事でも、最近、そうだもんね。同じこと、何度も聞くし。言った事忘れる
し。
「なんで、指示したことやってないんだ」と、部下を叱ったら、「中村さんが
もうやらなくていいっていったじゃん」「あ、そうですか、すみません」の連
発だもんね。\(^O^)/
 それにしても12000円は、強気すぎる。おれさまが買ったから、プレミアが
ついたな。\(^O^)/
 でも、これ、よっぽどのコレクターじゃないと買う意味はありません。
 Common Lispの教科書ならもっと安いので十分。たとえば、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894714337/showshotcorne-22/
ポール・グレアム著, 久野雅樹, 須賀哲夫訳「ANSI Common Lisp」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/400007685X/showshotcorne-22/
湯浅太一, 萩谷昌己著「Common Lisp 入門」
でもいい。
 あれれ、萩谷・湯淺(湯浅)のゴールデンコンビなのに、版元品切れ。マーケ
ットプレイスにも状態の悪いのしか出てないのね。もう20年前の本だから仕方
ないか。
 じゃ、ポール・グレアムの「ANSI Common Lisp」と
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/23/1337051
うぉぉ、「On Lisp」日本語版が来たぁぁ\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/01/16/1117312
新納浩幸著「入門Common Lisp」
くらいかな。

 12000円出せて英語が読めるなら、以前、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/12/31/1082233
AIプログラミング
で紹介した
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1558601910/showshotcorne-22/
Peter Norvig著「Paradigms of Artificial Intelligence Programming: Case
Studies in Common Lisp」
がいいです。これなら、Common LispとAIのテクニックが両方学べます。
 英語なら、ほかに
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/09/16/76723
Peter Seibel著「Practical Common Lisp」(Apress)
で紹介した「Practical Common Lisp」や
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/09/26/88383
ネットで読めるLisp本
で紹介した「Successful Lisp」でしょうかね。
 あれ? Common Lisp本、大体、紹介しちゃったじゃん。つーか、いままで
も折に触れて何度も紹介してるじゃん。もう、改めて書かなくていいよね。
CLOS(Common Lisp Object System)だけの入門書って、入手可能なものは和書
ではないと思うし、紹介するの面倒くさいし。^^;
 はうあ!!\(^O^)/
 数理システムのLispセミナーで参考書になっていた
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0262161362/showshotcorne-22/
Andreas Paepcke編「Object-Oriented Programming: The Clos Perspective」
が、13000円以上する。どういうこっちゃ、こりゃ。
 おれ、これ、日本のアマゾンになくて、アメリカのアマゾンでも品切れで、
MIT Pressに直接行ったら、在庫がある感じだったから、注文したんです。
 20年くらい前、電脳騒乱節で旅行の様子は書いたけど、MITに行ったとき、
MIT内の本屋で本を買えなかったんですよね。時間がなかったのかな。いまや、
ウェブで即注文だもんね。\(^O^)/
 で、請求をみると、44ドルです。送料込みで62ドル。それが13000円なのか(注1)。
Book Shipping: Shipped via Express Delivery.
$18.00/book.
International air: allow 7-10 business days.
なのに、1ヵ月近く来なかったので、どげんなっとるじゃとメールしたら、そ
の日の夕方、届いていました。\(^O^)/
 恐るべし、さすがはMIT。おれのメールをエシュロンで盗聴していて、あわ
てて森の7人の小人が印刷して光速で運んできたと思いましたね。\(^O^)/

注1:2008/11/24
 これ、ハードカバーとペーパーバックの値段をごっちゃにしている。
 おれが買ったのは、ペーパーバック。ハードカバーは版元品切れ。13000円す
るのは、ハードカバー。ペーパーバックは、2008/11/24現在、円高で、6000円
程度で買える。
 詳しくは、
http://iiyu.asablo.jp/blog/2008/11/24/3972714
洋書の値段って不思議
を参照。

 それにしても、Lispの古本、ブームなのか。いやあ、世の中、訳がわからん
なあ。
 全部、おれが、ブラジルで蝶になって羽ばたいてLispのことを騒いだせいだ
な。
 お前は、複雑系か。\(^O^)/
 と思ったら、はうあ!!\(^O^)/
 なんじゃ、こりゃ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130120212/showshotcorne-22/
安西祐一郎著「LISPで学ぶ認知心理学-1」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130120220/showshotcorne-22/
安西祐一郎著「LISPで学ぶ認知心理学-2」
も、12000円。\(^O^)/\(^O^)/
 おれ、両方持ってます。たぶん、実家というか姉の家のどこかに。^^;
 これ、学生時代、文学部方面の人たちから、突然、Lispをやりたいので教え
てくださいという話があって、なんで文系の人がいきなりLispなの?と思った
ら、認知心理学なんです。
 そのときの教科書が上記安西先生の本。一緒に勉強しました。
 安西さん、いま、慶応の塾長ですよね。
 ま、おれが上記の本を買ったおかげだな。\(^O^)/
 上記の本のコード例は、同じ慶応の故中西先生が作られたApple Lispだった
はず。
 文学部の人たちのところには、8bitのCP/Mで動いていたmuLisp-80かなにか
そういうLispだったので、Apple Lispのコードを書き直した記憶がありますね。
 あれ? おれが書き直して動かなかった記憶もある。\(^O^)/

サイエンスZERO。すごーい\(^O^)/2007年05月11日 23時14分29秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 今日、19時からたまたま観たNHK教育のサイエンスZERO。すごーい\(^O^)/

http://www.nhk.or.jp/zero/
サイエンスZERO

 番組のお姉さんが、眞鍋かをりちゃんから安めぐみちゃんになってる。猛烈
うれP\(^O^)/
 お前の「すごーい」の理由はそれか。\(^O^)/
 ばかー。今日のは再放送なんだけど、宇宙の暗黒物質の謎に迫っていて、す
っげぇ面白かったんだよ。番組内容は
http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp164.html
をどうぞ。
 最初に、めぐみちゃんが三鷹の国立天文台に行って、四次元ドームシアター
を体験したぞ。
 関連ページは、
http://4d2u.nao.ac.jp/
http://4d2u.nao.ac.jp/dome/

 ドームシアターでは、立体メガネで観るのね。
 はうあ!!\(^O^)/
 5/26の一般公開、締切は今日までだった。\(^O^)/

 PCでも楽しめるMitkaはこの前
http://iiyu.asablo.jp/blog/2007/03/16/1266296
国立天文台のすごいソフト Mitaka
で紹介したね。

 めぐみちゃんは、宇宙の大規模構造は、暗黒物質がないとできなかったこと
を学んできたぞ。
 そこで、宇宙論の世界的権威、インフレーション理論の提唱者の1人でもあ
る佐藤勝彦先生もスタジオ出演だ。\(^O^)/
 東レがやってくれた佐藤先生の講演は、以前、聴きに行ったもんね。
http://iiyu.asablo.jp/blog/2005/10/11/105262
すばる、インフレーション理論、クェーサー

 げげーん、もう2年近く前のことなのか。はえぇー。
 ってことは、三鷹ネットワーク大学で天文学最前線を教わったのは、
 はうあ!!\(^O^)/
http://iiyu.asablo.jp/blog/2006/08/25/498249
惑星は8個。冥王星は脱落! 関連の雑誌と本の紹介もあるよ。
にあるリンクをみると、2005年6月なのか。ほんとに2年経ってる。\(^O^)/

 面積月9個分、奥行き80億円の宇宙について、精密な観測で暗黒物質の空
間分布が判明した話では、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062574969/showshotcorne-22/
谷口義明著「暗黒宇宙の謎」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062574586/showshotcorne-22/
谷口義明著「クェーサーの謎」
の谷口先生もビデオで登場したぞ。
 日本が誇るハワイのすばる望遠鏡も出てきたし、ハッブル宇宙望遠鏡も出て
きたし、うれしいことばっかり。\(^O^)/
 さらに、暗黒物質の正体は未知の素粒子ではないかというので、アクシオン
の検出に挑んでいる京都大学を中心としたグループの研究の模様と、ニュート
ラリーノの検出に岐阜の上岡(小柴先生がノーベル賞をとったカミオカンデの
あるところ)で挑んでいる東京大学の模様も出てきたぞ。
 そして、さらにスイスのジュネーブ郊外、スイスとフランスの国境近くにあ
るあのCERN(セルン)の次期加速器LHCも出てきたぞ。

http://www.kek.jp/newskek/2002/marapr/cernlhc-1.html

 このリンクにも書いてあるけど、CERNこそ、みんながいまや当たり前のよう
に使っているWWW、すなわちウェブが発明されたところ。各国の研究者が集ま
る中、情報交換、コミュニケーションの効率化によって研究の加速を目指して、
ティム・バーナーズ・リーさんが発明しました。
 世界最初のウェブブラウザや日本最初のウェブサーバなどについては、以前
も紹介したと思うが、
http://www.ibarakiken.gr.jp/www/
日本最初のホームページ
をどうぞ。
 NeXTで作られた最初のウェブブラウザは実はウェブエディタ。観るだけじゃ
なくてウェブページを作れるんです。この話は、早稲田大学の経済学者野口悠
紀雄氏の間違いを指摘するときに、また書くかも。
 とりあえず、ど素人ならしょうがないけど、まともな研究者、技術者を目指
すなら、梅田望夫「ウェブ進化論」を読むより、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893622161/showshotcorne-22/
ハワード・ラインゴールド著, 日暮雅通訳「新 思考のための道具 知性を拡張
するためのテクノロジー ― その歴史と未来」
を読むほうがいいといっておきます。
 昔読んだけど、「新」がついているように、増補改訂版で、ぼくは最後の加
筆された部分だけざっと読んだが、面白い話がいくつかあるんです。それが、
さっきいった、最初のブラウザは編集もできるエディタだったのに、という話。

 で、おれ、何の話を書いているんだっけ?
 えーとですね。サイエンスZEROの暗黒物質の話。^^;
 あ、そうそう。しかーし、宇宙には暗黒物質だけではない。見えない暗黒物
質だけでも通常の物質の6倍くらいあるのに、さらにその何倍もの暗黒エネル
ギーがあることを佐藤先生は説明。
 宇宙背景放射のことが出てきて、COBE(コービー)衛星やWMAP(ダブリューマ
ップ)衛星のこと、昨年のノーベル物理学賞の受賞理由がこれだったり、その
観測データから、宇宙の年齢が137億年であることがわかったことや、精密な
計算で、通常物質4%, 暗黒物質24%, 暗黒エネルギー74%であることがわかった
り。
 あれ? 足したら100%超えるね。\(^O^)/
 だったら、暗黒物質22%だったかな。NHKの説明はこんなだったけど、おれが
以前仕入れていた話だと、暗黒物質23%, 暗黒エネルギー73%だった。おれ、こ
っちのほうが好き。なぜかというと、素数だから。\(^O^)/
 佐藤先生は、以前は、宇宙がいつか膨張から収縮に転じて潰れてしまうビッ
グクランチの話もあったが、いまは、暗黒エネルギーで加速的に膨張している
ので、どんどん宇宙は薄められて、最後は何も起きない静かな死を迎えるとい
う話をしていました。
 こういう熱的な死をビッグフリーズといいます。

 さあ、人類は、ビッグフリーズにどう対処すればいいのか。その1つのアイ
デアが、超弦理論(超ひも理論)の研究者であるミチオ・カク氏による
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140810866/showshotcorne-22/
ミチオ・カク著, 斉藤隆央訳「パラレルワールド―11次元の宇宙から超空間へ」
にある。
 アマゾンで買っている人がいて、おれもソッコー買ってしまった。
 超弦理論(超ひも理論)が生まれるまでの話や、宇宙論のことなどわかりやす
く書いてあって、さっき書いた宇宙背景放射発見の顛末も出てくる。
 書名から、ほとんどネタバレだが、ブラックホール、ワームホール、ホワイ
トホール、なんでも使えるものを使って、別の宇宙に脱出しようという話。\(^O^)/
 なんなら、マルチバース理論にしたがって、人為的に(!)ベビーユニバース
を作って、つまり、我々人類が新しい宇宙を創造して、そこに移住する!\(^O^)/
 はうあ!!\(^O^)/
 じゃ、いま我々が生きている宇宙だって、別の超文明知性が人為的に作った
宇宙かもしれませんね。
 おれは、あっちの宇宙でも生きてから、全部、その辺は知ってるし、宇宙の
秘密をまだ知らない人類は、あっちの宇宙を霊界などと呼んでいるんだけどね。
 じゃ、宇宙の秘密をなぜ書かない。
 ばかー。おれやコンノケンイチが書いたら単にトンデモ本だ。\(^O^)/
 そ、そうか。ミチオ・カク氏は、この分野のプロの研究者だもんね。
 それに宇宙の秘密は、コンノケンイチすら知らない、「ファティマ第4の預
言」として、バチカンに発表を禁じられているんだよ。\(^O^)/ 情報省の
トップとして、長年、インテリジェンスの世界に身をおいてきたおれでも、バ
チカンにはうかつなことはできない。\(^O^)/

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/phatima.html
ファティマの予言
『UFOはこうして飛んでいる!』
コンノケンイチ・著 徳間書店 1990年刊

 次回もアンコール放送で、深海に挑む話だそうです。
 2001年の北九州博覧会で、「しんかい」の展示があったと記憶しているが、
写真撮ったはずだと思ったら、もっぱら、H2ロケットの失敗で実際に使われた
破壊指令のコントローラとか、そういう写真撮ってました。\(^O^)/
 ということで、「しんかい6500」は、
http://www.jamstec.go.jp/j/about/equipment/ships/shinkai6500.html
しんかい6500
をどうぞ。

 なんか、よーわからんが、NHK教育のサイエンスZERO、すごいぞ。\(^O^)/
 がんばれ! とくに安めぐみちゃん。\(^O^)/

Re: Lispにやさしい新宿ジュンク堂書店\(^O^)/ その22007年05月11日 23時35分45秒

ASAHIネット(http://www.asahi-net.or.jp)のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
 萩谷昌己先生が、
http://nicosia.is.s.u-tokyo.ac.jp/pub/essay/hagiya/h/tensai
で、KnuthのTeXはタコで、天才は、Guy Steel Jr.だということを書いていま
すね。
 この辺の感覚は非常によくわかるなあ。
 萩谷さん、最近、分子コンピュータですごいもんね。たとえば、
http://www.i.u-tokyo.ac.jp/news/ist/070417_2.shtml
コンピュータ科学専攻 萩谷 昌己教授が平成19年度
文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞
とかね。

 ちなみに、
http://nicosia.is.s.u-tokyo.ac.jp/pub/essay/hagiya/seminar/2
に出てくる奈良先端大のA木先生は、ぼくがお世話になっている九大の荒木先
生です。
 ぼくも奈良先端大ができてまもなく行ったんですが、あ、山本和彦君とは、
あのときが最後? 現九大で当時奈良先端大の福田先生とすげえ漫才やってく
れて、腹がよじきれました。これも奈良、関西という土地柄ゆえかと思ったら、
福田先生、中洲でも爆笑でした。芸が濃いわ。さすがおれと同じ北九州出身だ
な。\(^O^)/

 で、行ったら、できたばかりなので、やっぱ非常にきれいなのね。円形広場
やプロムナードなどあったり。
 そしたら、これが、またすごい話でいうことになって、何かといえば、皇太
子夫妻がいらっしゃるということが決定するまでは、ちんたら工事でいつでき
るかわからん状態で、駐車場から建物までも土がむき出しで、雨が降ったら足
元がドロドロ。
 なんじゃ、こりゃ、状態だったのが、皇太子ご夫妻が、ありがたくもかしこ
くも、おまーらが何やっちょるか、よーとみちゃるけんね、と決まったら、大
突貫工事。\(^O^)/
 あっという間にドロドロの道は舗装され、周囲には芝生が植えられ、プロム
ナードができたり、オブジェが配置されたり、それはもうすごかったと。
 京阪奈(けいはんな)地区は、京阪奈学園都市という集積を図っていて、ATR
をはじめ、名だたる研究所もあるんですが、道路整備が全然追いついてなかっ
た。
 しかーし、これも、皇太子ご夫妻が、の一言で大突貫工事。あっという間に
非常にきれいな道路網ができた。\(^O^)/
 で、おれは思ったわけ。
 ねえ、浩ちゃん。雅子さんと一緒に、全国の理工系の大学や専門学校を回っ
てくれないかな、と。
 当時、東大工学部だって、雨漏りするような部屋で実験やってるなんて話が
テレビで流れたりして、科学立国、技術立国なんていう割には、政治は科学に
ひどい扱いしているなと思ってたわけ。
 これが、皇太子ご夫妻がいらっしゃるということになれば、あなた。
 突貫工事で、スパーンと最新設備の実験室、研究室ができ、各種最先端装置
も導入されで、研究環境が劇的に改善されるのではないかと。\(^O^)/

> 韓国の全斗煥大統領は、ゼントカン大統領だったのに、いつの間にかチョ
ンドファン大統領になったし、でも、トウショウヘイもコキントウもそのまま
ですよね。

 この理由は、会社で韓国通の堀さんから教わりました。
 韓国で漢字を使わないことになった影響だそうです。
 やっぱ、言葉や文字は、政治そのものだよなあ。
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索