Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索

サンジャポ2005年04月10日 12時46分00秒

標題: サンジャポ
---
今週は、西和彦氏を出してきた。なんだかなぁ。
ぼそぼそ話すので、テンション上げてとか、
ベッドの中でしゃべっているみたい、などと突っ込まれてました。
弾さんは、準レギュラーですね。

                   五九郎

===
標題: Re: サンジャポ
---
> 今週は、西和彦氏を出してきた。なんだかなぁ。

 現在の肩書きでの登場ですね。元アスキーの代表とは口が裂けても言えないの
か。今のライブドアどころじゃない程、勢いがあった時期もあるのに。

> ぼそぼそ話すので、テンション上げてとか、
> ベッドの中でしゃべっているみたい、などと突っ込まれてました。
> 弾さんは、準レギュラーですね。

 またデイブ・スペクターが世迷言を言っておりました。他人の発言を遮ってま
で行なう内容があったとは、毎度のことながら思えないですね。

 西さん、「持ち株会社としてのニッポン放送」と「ラジオ局としてのニッポン
放送」を分けて考えるという、しごく真っ当な意見を言っていたけど、爆笑問題
の二人が「あっ!」という顔をしていたのが、逆に驚きですね。

--
たま@無精庵
blog: http://hesomagari.seesaa.net/
http://blues.asablo.jp/blog/ (テスト中)

===
標題: Re: サンジャポ
---
>  西さん、「持ち株会社としてのニッポン放送」と「ラジオ局としてのニッポン
> 放送」を分けて考えるという、しごく真っ当な意見を言っていたけど、爆笑問題
> の二人が「あっ!」という顔をしていたのが、逆に驚きですね。

なるほど、そうか、と、TVの前ですっきりしていた私です。
来週も西さん出るのかな?
                       五九郎


===
標題: Re: サンジャポ
---
もう3週間前の放送にコメントすることになりますが。

>ぼそぼそ話すので、テンション上げてとか、

 これ、デーブでしたね。お前、もうテレビでしゃべるのをやめろよ。
 たまさんも指摘してるけど、他人の発言をさえぎってまでしゃべる内容をお
前はもってないよ。ほんとに中身がない。

>ベッドの中でしゃべっているみたい、などと突っ込まれてました。

 これ、爆笑問題の太田でしたね。太田、そんなことしかいえないなら、司会
業なんてさっさとやめろ。そしてまともに笑いの修行をしろよ。いまのままじ
ゃ、歴史を振り返ると、爆笑問題なんて、林家こぶ平以下だよ。
 西さん、動じずに、以後もあのペースでぼそぼそ淡々としゃべっていたのは、
さすがでしたね。

 デーブも太田も、どっちもバカというか、テレビ、というか民放のパラエテ
ィが抱えている問題を露呈したシーンでしたね。
 西さんは、ぼくも対談したことがありますが、ああいうしゃべりが本人のペ
ースなんですよ。それをとやかくいうのは、極端にいうと、手足が不自由な障
碍者に対して、テレビなんだから、もっと手足をばたばたさせてくださいよと
いうようなもんなんですよね。
 まさか障碍者に対して、そんなことはいえないから、テレビはどうするかと
いうと、もう出演させないんです。テレビはそうやって自分たちの体質に合わ
ない意見を、視聴者に見えない形で排除して抹殺していくんです。そこに多様
な意見を番組に反映させる公共性や中立性はありません。
 とにかく、よくいえば、わいわい明るく元気、悪くいうと狂騒的にバカにな
ってふさげ合う、こうじゃないとテレビじゃない(これを全社的スローガンと
したのがフジテレビ)、バラエティじゃない、そうしないと視聴率が取れない
という思い込み、あるいは構造的に作られた事実の積み重ね、あるいは惰性が
あるだけです。
 ぼくからすれば、日本のプロ野球の応援でトランペットやら鳴り物でひっき
りなしに騒いでないと応援じゃないと思っているのと同じ思い込み。もっと静
かに、しかし、いいところでは歓声を上げるという、大リーグ的な応援がある
はずなのに、テレビ屋の脳みそにはそれがない。だから、たかがテレビ屋風情
が強大な権力を握りやがってと蔑まれるんですね。

 この問題、本来は、小学生のころから、テレビに対するメディアリテラシー
をちゃんと教えるべきと思うんです。
 ぼくが大学院出て就職する前後は、1970年代終わりから1980年代前
半だったので、糸井重里などコピーライター全盛でした。ぼくも広告の世界に
ちょっと興味が出て、「広告批評」「宣伝会議」など広告業界の雑誌も読んで
ました。
 どの雑誌か忘れたけど(スタンスからすれば広告批評かな?)、アメリカのメ
ディアリテラシー教育の記事があって、蒙を啓かれる思いでした。
 小学校でどういうことを教えているかというと、

・なぜ、テレビコマーシャルには、いい生活をして、にこやかに笑う家族しか
出てこないのでしょう。その理由を考えてみましょう

などやってるというんです。
 現実の生活だと、貧困家庭もあるし、裕福な家庭でも家庭内の不和や口げん
かはあるわけで、いつもにこやか明るい家庭であるわけもないのに、なぜ、コ
マーシャルだとそうなのか。これを小学生に自分で考えさせるんです。
 これによって、どれほどテレビ、あるいは広告宣伝というのは、虚構、嘘の
塊かということに気づかせる教育をやってるという記事だったんです。

 ぼくの場合、これまでの人生で最も影響を受けた小説を1つ挙げろといわれ
たら、文句なく筒井康隆「おれに関する噂」を挙げます。これはメディアの人
間がいかにバカで勝手に暴走するかを拡大してみせたものです。
 ぼくらは、物心ついたときからテレビ(まだ白黒テレビだったけど)があって、
長じてからは、ロス疑惑事件のバカ騒ぎ、以後もオウムから和歌山の毒カレー
から最近の北朝鮮報道からバカ騒ぎの連発を経験。日本のテレビ局、報道機関
には反省はないのか、バカしかいないのかってのをいやってほど見せられきま
した。
 だから、ぼくらから若い世代は当然、こういうメディアの体質はよくわかっ
てると思ったけど、学生やら若い連中と話してみると案外そうでもないんです。
だから、ITのリテラシー教育とともに、小学生のころからメディアリテラシー
教育も必要と思うんです。NHKも嘘をつく、朝日新聞も嘘をつくということを、
ちゃんと子供のころから教えておくべきと思いますね。

 日本社会には、日本のメディアを監視して暴走を止めるシステムがないです
よね。ゲーデルの不完全性定理みたいなもんで。\(^O^)/
 本来は視聴者がやるべきことなんでしょうけど、いまの日本のシステムは、
会社が経営者や従業員のものだといって株主軽視してきたのと同じく、スポン
サー重視、視聴者軽視なので、視聴者が声をあげてもさしたる効果はなく、む
しろスポンサーに対して、「あんな番組のスポンサーになってるなんて、失望
した。お前んところの商品は買わない」と視聴者が電話したり、手紙やメール
で訴えたほうが効果がありますよね。でも、そこまでやる視聴者なんてほとん
どいないので、テレビ局はそういう声を無視して、相変わらず暴走しやすいん
ですね。
 かといって、権力をもつメディアに相互監視、相互批判の伝統があるかとい
えば、むしろ、放送業界の悪事を報道しないという談合体質ですからね。これ
じゃ、日本のメディア状況に閉塞感を感じる人がいるのも、当然ですよね。

 いままではテレビ以外に選択肢がなかったから、仕方なく観るしかなかった
けど、いまはネットもあるし、抗議の声を上げるなんて面倒なことをせず、単
にテレビを観ない、捨てるということで静かにテレビ離れ、特に民放地上波離
れしている人が増えてるんじゃないですか。テレビは時間効率が悪すぎるし、
観てもバカになること多いんだもんね。
 あえて差別的にいえば、いま、民放地上波をみてるのは、バカかマニアだけ。
\(^O^)/
 大宅壮一がテレビに対して「一億総白痴化」といったことは、民放、それも
地上波、それもバラエティによって着々と進行中ですね。
 あ、面白い誤変換。
 地上波は、痴情波。\(^O^)/

コメント

_ n-yoshi ― 2005年04月10日 14時52分29秒

「民放地上波をみてるのは、バカかマニアだけ」というのは、正にその通りという状況になりつつありますね。
自ら情報を取りに行こうとしない、ただひたすらに受け身であることを無自覚に受け入れている、すなわち「バカ」と、自分の見たい作品のファーストウィンドウが地上波テレビだからやむを得ずチャンネルを合わせている、すなわち「マニア」と。
バカの方についてはどうでもイイですが、マニアについてはファーストウィンドウ次第ですからね。アニメやドキュメンタリ等は地方間格差の為に、既にCATVやネット放送(P2Pからのファイル入手)がファーストウィンドウとなっている比率がかなりのモノになっていると推測されますし、スポーツ中継については、本当のマニアは既にCATVに流れてますし、今後はネット放送も選択肢となっていきそうですし。そうなれば、最後に残るのはバカだけで、そういう意味では今の民法地上波局がバカ番組だけを作っているのは、ある意味先見の明かも知れません(笑)
そんな中では、やはりNHKの底力は凄いと思う訳ですが、だからこそ、NHKこそ、CATV化・ネット放送局化して欲しいと思ったりもします。

それから、堀江社長の受け売りみたいになってしまいますが、地上デジタルとかはすぐにでも取り止めて、ブロードバンド環境整備に充てるべきですよね。そうすれば、「東京キー局」なんて言う妙な図式も解消できる訳で。

_ 中村正三郎 ― 2005年04月11日 00時04分49秒

 「東京キー局」なんて言う妙な図式も解消できるというのが、東京キー局が地方局に対してもっている権力弱体につながるという意味であれば、ぼくはむしろ逆だと予想しています。
 いま、東京キー局が系列の地方局を必要としているのは、これもやはり電波利権ゆえです。ブロードバンドで実質放送になってしまえば、地方局に頼らず東京キー局はコンテンツを流せるので(といっても東京キー局にほんとにコンテンツ制作能力があると仮定した場合えですけど)、地方局こそ存在意義が問われると思います。東京キー局から流れてくる金も減るだろうし。
 地方局は地域密着情報をどれだけ出せるか、それを他の地方、特に東京など地方出身者が多い地方にどれだけ売れるか、それだけの番組制作力をつけられるかどうかじゃないでしょうかね。
 うちもたまにCATVで日テレ系列のFBS福岡放送が作るめんたいワイドが流れると、観てますからね。
 福岡のテレビ局がほんとに番組制作能力があれば、ホークスの試合を流せばね。従来の電波だけじゃなくて、ネットにもどんどん売ればね。ただ、ホークスの試合をヤフーBBへの囲い込みに使われるとそれはそれでいやなんですけどね。^^;
 プロ野球やJリーグといったスポーツコンテンツをもつ地方は、地方局も売るコンテンツを作りやすいでしょうけど、そうじゃない地方局はどうするんでしょうかね。

_ たま@無精庵 ― 2005年04月11日 10時37分52秒

 広告媒体としてのテレビを考えると、その存在意義のようなものがどんどん薄れて行くでしょうね。ジャパネットたかたのようなそれ自体が広告であるような通信販売番組は生き延びるでしょうけど、ライブで見るのはニュースとスポーツ程度で済む話になりますし、その視聴する先はCATVとかCSなんぞになるでしょう。なにしろサッカーにしろ野球にしろ、地上波の中継は酷いものがあまりに多いから。その他のドラマやバラエティなんぞは、HDRに蓄積して見る、というスタイルになると思います。勿論CMカットでの録画が主流になるでしょう。
 情報のブロードキャストというのは、ある部分は必要ですが、現在のテレビで流れている情報の殆どが、実はどうでも良い事だったりします。重要な案件が、ゴミに紛れて失われる事だって皆無ではないのです。見る側が積極的にウェイト付けして行く、という方向になるでしょう。
 正直に言えば、若い世代がその判断ができる程、メディアに対する批評眼が育っているとは思っていません。これは、ネットを通じてのデマゴーグの流通でも感じる事ですが、明らかに嘘と分かるような話でも、さも本当かのように広がってしまう。
 田原総一郎はジャーナリストというのは報道に対して責任を持つ人である、と言っていましたが、今後は多数の発信される情報の真偽を確認する人という事になるのではないか、と思いますね。だから逆に政治的な信念なんぞを持たぬニュートラルな人の方が向いているとは思いますが。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
一富士、二鷹、三は? ひらがなで。

コメント:

トラックバック

_ 404 Blog Not Found - 2005年04月10日 15時19分07秒

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/18522951.html
楽屋オチは実は好きなのだけど、度を超したのはいやだったので今まで書かなかったのですが、正三郎さんのEntryへのTBにちょうどいい話題でもあるので、ここで少しだけ披露することにします。...

_ 落伍弟子のブログ - 2005年04月11日 03時07分57秒

http://ymiwa.exblog.jp/2483649
中村正三郎さんの「中村正三郎のホットコーナー」はから口批評で有名ですが、そのブログがあります。
 タイトルは「ホットコーナーの舞台裏」とかかれています。

 このブログの4月10日の内容(「サンジャポ」)の最後のほうに、こういう内容がありました。

== ここから ==

   どの雑誌か忘れたけど(スタンスからすれば広告批評かな?)、アメリカのメ
  ディアリテラシー教育の記事があって、蒙を啓かれる思いでした。
   小学校でどういうことを教えているかというと、

  ・なぜ、テレビコマーシャルには、いい生活をして、にこやかに笑う家族しか
  出てこないのでしょ...

_ 半日庵のつぶやき - 2005年04月11日 12時40分37秒

http://hannichiann.cocolog-nifty.com/hitokoto/2005/04/post_c73d.html
朝までテレビで面白い発言を聞いた。司会者が病気をしてから面白みが減ったと感じるので最近はあ

_ ホットコーナーの舞台裏 - 2014年02月10日 08時55分46秒

ASAHIネット(http://asahi-net.jp )のjouwa/salonからホットコーナー(http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/ )に転載したものから。
---
https://twitter.com/shownakamura/status/432208775324262400
--- ここから ---
カナダは
Google
ブログ(iiyu.asablo.jpの検索)
ホットコーナー内の検索
 でもASAHIネット(asahi-net.or.jp)全体の検索です。
 検索したい言葉のあとに、空白で区切ってki4s-nkmrを入れるといいかも。
 例 中村(show) ki4s-nkmr

ウェブ全体の検索